道しるべ

火酒とは・・・ ジン、ウォッカ、ラム、テキーラといったスピリッツと呼ばれる酒を指す。 そんなことは全く関係ないこのブログ

<<1012345678910111213141516171819202122232425262728293012>>

東日本大震災より。


 こんばんは、火酒です。今日のエントリは、昨日もお送りした東日本大震災関連のエントリとなります。誰かが、誰かを勇気づけようと行動した事。いくら困難が押し寄せた所で、かすかな希望、確かな希望はあったのです。

 今日のエントリも追記に格納しています。


 震災後、余震に怯えながら、それでも希望を探しながら、その思いを調べに乗せて・・・







 また再建しましょう! お爺さんのこの言葉が、心強い。


20120312a01.jpg

 これは、宮城県気仙沼市に出現した「絆」のイルミネーション。群馬県沼田市の「星の絆実行委員会」が企画したものらしいです。

 この「絆」についても、取り上げようかどうかはだいぶ迷いました。今回の地震、いろいろなドラマがあり、「絆」の本当の意味を知った、と言う人もいれば、「絆」は何が何なのかわからなくなった、という人も。

 海外の報道では、略奪も起きず、物を譲りあう被災地の報道が度々流され、感嘆を呼び覚ました。一方、首都圏では買いだめ、買い占めが起き、モノの流通が滞った。

 実は、関西圏でもモノが不足した。カセットボンベやレトルトごはん、カップ麺等が姿を消していた。棚には「被災地への有線供給を行なっております」とあった。

 部屋に帰って落ち着いてテレビを点けたら、首都圏でガソリンスタンドに長蛇の列を作る車。そして我先へとスーパーに殺到する人達。「確保出来ました!」と笑顔でかごの中のカップ麺(複数)を指していた人の姿には呆れましたが・・・
 放射能が心配だから、まだ大丈夫なお米があるうちに買い溜めしておくんです。そう言いながら、お米を何袋も確保していた人も。自分さえ良ければいいのかよ、そう思ったのもまた事実。

 震災から一年、そして昨日のコメントもあって、「絆」って何だろう?と考えていた。そして、答えが出せなかった。教科書的な回答はこうだろう。絆(きずな)は、人と人との結びつきをいう。by Wikipedia。

 今必要なのは「絆」だろうか? と考えた時に思ったのは、今確実に必要なのは「復興支援」だということだった。
 復興支援、義援金を寄付することでも、被災地の産業に製品や物を発注することでもいいのだろう。そして今、被災地が悲鳴を上げている、通常時の100年分にも及ぶ瓦礫の山を引き受けることも、復興支援。そして、それを行うことこそが「絆」の証明なんだろう。

 しかしまとまらない。書いている途中で、何を主張したいのかもわからなくなってしまった。自分の文章力のなさが嫌になってくる・・・

 そんな火酒の道しるべ
関連記事

comment

no title

きずなきずなと言いながら、被災地の瓦礫受け入れ拒否とか、結局は自分は安全でいたいと思っているんじゃないか…。だったら軽々しく『きずな』なんて口にするな!と言いたくなります。

絆って何だろうって、考えさせられる今日この頃です…。

kumi|2012/03/12|edit
no title

まとまらなくても大丈夫です!伝わってきます!
自分の想いや考えをしっかり話せることって素晴らしいことですよね!
私なんて考えても考えても言葉に詰まってしまいます。
これという正解はない・・・のかもしれませんが、ひとりひとりがこうして真剣に
受け止めて、悩んだり、考えたりすることはとても意味のあることなんじゃないかな~って
私は思っています!
原発や瓦礫等の問題は、とくに深刻ですよね。
報道等では正直わからないことが多いです><

ひぃ☆|2012/03/12|edit
3月11日と12日の記事を読ませていただきました。

被災者の方々には申し訳ありませんが、幸い私は震度4までしか体感したことがありません。

時間にしても数秒くらいだと思います。揺れている間、もし、揺れが大きくなったら・・・このまま、おさまらなかったら・・・と思います。おさまってくれて、ホッとします。

福島在住の審判さんに地震の時の事をお聞きしました。

「強い揺れだなと感じたことがありますか?」「それが終わらないんです。」

それだけで充分、恐怖と不安が伝わりました。

火酒さん、ここまでご自分の心境を言葉に表せられるのは、素晴らしいことですね。

みんな同じなんじゃないかな?考えても考えてもうまく言葉にできない。結局、考えることしかできない・・・私もそうですが、みんな無力さを痛感してるんじゃないかな?

やっとかめ審判|2012/03/13|edit
恥知らず!

北九州市と島田市が被災地のガレキの引き受けを決めようとしたら
住民が猛反対、安全なガレキで、一刻も早く被災地のガレキを処分
しないかぎり復興の妨げになるのにこの現状、北九州市や島田市の
反対してる市民に絆はありません、利己的で自分さえよければいい種の
人間でこういう人達が我先にと買い溜めに走るんでしょうね、呆れると言うか
情けなくなりました、あの反対してる人達は十分に非難されるべき人達だと思います。。。

yas.gc8b|2012/03/13|edit
no title

私の住む石川県、その輪島市が、がれきを受け入れる表明をしました。
しかし、住民の反対もあります。
テレビで、輪島の朝市のおばあちゃんが、「断固、がれき受け入れ反対」と
訴えていました。
それは、がれを受け入れる という行為にではなく
「がれきを受け入れる事で、海でとれる海産物が、汚染されているのではないか?
と買ってくれる人々が思って、買ってくれなくなる」
という事です。

それは、輪島のおばあちゃんたちに生活が成り立たなくなる
という意味です。

政府政府というけど、政府も私と同様、どれだけわかるのか、まったくわまりません。
机上の頭脳派ばかり。そこで生活をしていない人ばかり。論議ばかり。

解決策はないです。
でも、少しづつ解決していかないといけません。

原発反対運動にも、原発反対!!とデモもいいかもしれませんが、
原発を使用しなくてもいいような生活を互いに作っていく意識がもっとあると
いいのにな~とも思ったり。

難しい問題ばかりですが、1億ある問題でも、たった1個でも、何かよい方向に
いけるように、忘れない ということかなと思う今日です。

長文にて失礼します。

でも、ブログに書いてくださり、感謝します。

ぴあのうたい|2012/03/13|edit
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-|2012/03/13|edit
no title

こんにちは。
昨日のコメントにお返事ありがとうございました。
そしてここにコメントを寄せている方々の考えも、しっかり受け取りました。
自分と同じ考えをしている人がいるだけでこんなに嬉しいものなんですね。


震災のことは心にとどめておきたいと思っていたのですが、やはり被災県に住んでいる以上、いつかはあの日のことを知らせないといけないのかなあ…と複雑な心境です。
大きな揺れは2回来て、2回目は… 本当に、グゥアー!!と…
たとえるならば真ん中に人が立っていたとするとそこから3メートル以上横に投げ出される感じです。
でも、揺れだけで亡くなった人は少ないんですよ。
津波が、みんな、持って行ったんです。


火酒様の気持ち、充分に受け取りました。
物不足は内陸部でも深刻で、関東圏のことは全く知りませんでした。
この記事で見て、はあ…とため息つきたくなりました。
人間の本能だから仕方ないですむのかなあ…


今必要なのは「キズナ」ではないです。昨日のコメントにもありましたが「キズナ」なんて自分たちを飾っているだけだと思います。ふざけんな!!という思いなので…
だからいくら震災復興支援の何かがあっても素直に喜べません。


瓦礫を受け入れたくないと叫んでいる人は一部なんだ、と自分に言い聞かせています。
でも、やっぱり受け入れを拒否している人たちを見ると、全部がそう感じてしまう。
キズナ絆…
何なんだろう。と。




乱文、失礼しました(-_-;)

緋奈蜜|2012/03/13|edit
no title

火酒さんの言いたいところや答えを出せないという気持ちは分ります。
結局「絆」という言葉を借りて全国を統制しようとしているだけなんですよね。
偽善者の集まりでもあります。皆さん「対岸の火事」としか思ってないんでしょう。
自分に火の粉がかからなければ、好きなことを言っておられるんでしょうね。
自分が生きて行くための防衛ですから、被災地の人間がどうのこうの言えません。
個人的な感情からすると何のための絆なんだと、ムッとしますけどね。

関東地域に転校した福島県の子が、放射能被曝をなじられた話を聞きました。
子供同士の世界ですから辛辣なのは分ります。ところがその親まで一緒になって
学校側に訴えたということですから、やはり自分の子可愛さという気持ちがありあり
なんですよね。立場が逆だったらどうするつもりだったんだろう、と思っちゃいます。

瓦礫処分の問題に関しては東京都がいち早く受入れを表明いしてくれました。
でも大量の瓦礫の中の一部なんですよね。一番いいのは被災地の瓦礫は被災地で
処理できればいいんですよ。処理設備が整っていないということなのかもしれませんが、
もっと被災県に支援協力してほしいという甘えがあるのかもしれませんね。
京都の大文字焼の時もそうですが、結局住民反対で実現できない自治体もあるようですね。

長くなってしまいました。被災地としては他県の協力、それこそ「絆」を願うだけですが、
住民の安全性を考えれば、強くもいえないところがあるんじゃないですかね。

matsuyama|2012/03/13|edit
地盤が無いのです

今日たまたま耳にした会話です。
いつも乗る電車でね、同じ車両だから同じ人が周りにいてね、いつも妊婦の女性がいるのよ、でシルバー(と、言わないか?)シートの前に立ち(可愛そう)と見ていると、譲らないで若いサラリーマンが欠伸して座って居るの、さすがに言ってあげたのよ「譲ってあげられませんか?」って・・・そしたらね「なんで?」ですって・・・嫌ね今の若い男性は、譲る理由(妊婦さん)とか考えないのよね・・・。
これを聞いていて、思ったのは「若い男性が悪い、と言うより、その男性に譲る意味を教えられない母親が居たのだな・・・」と、言う事。

そんな母親が子を育てて、その子がそろそろ親になるのです。教えられない人が親、そして妊婦や高齢者を見ても何とも思わない人が大きくなり、社会人として生きています。
こんな社会環境で、普段に愛護とか博愛(大袈裟ですが)が無いのが日本国民の特色です。
それがイザ災害などで「キズナ」なんて、表看板だけ出して中身が伴わない、、、
身について無いから形は一生懸命なのに、どこか矛盾してる。それが薄っぺらに感じます。
もともと地盤が無いのです。

怒られそうな発言ですが、事実、余っている公団住宅のひとつも被災者に貸せない地域があるようだし、、、
はりぼてみたいな絆も有るって話しです。心のある「絆」も在る上で、ですよ。

無我夢中でボランティアの活動をして、必死に動いている方々に誤解を与える様ですが、
一部のはりぼては避難されたりしていますし、動物愛護の団体も寄付金集めで奔走していたり・・・
災害をも利用した儲け主義には開いた口がふさがりません。
自分のブログで書けば良いですね、ここまで来て思いました。
火酒さんの文章が最後に「絆」を??と不安定な絆を想像してしまい、
そんなもんだよ・・・とつい、思いました。 深夜に失礼致しました。

Sabimama|2012/03/14|edit
コメントありがとうございます!

>kumi 様

絆という言葉が、どんどん軽くなっている印象を受けますね
自分は安全でいたい、そう思うのはわかりますが、
あまりにも痛みの共有を避けすぎている感も。

絆ってなんなんでしょうね・・・?


>ひぃ☆ 様

書いているうちに方向性が行方不明になってしまってw
でも、受け取っていただいてうれしいです^^

何気ない日々は重要ですし、幸せですが・・・
何かが起こらないと、成長も出来ないのかもしれません。

報道はもう、あてになりませんね。
お涙頂戴番組なんていらない、現状を教えてほしいものです。


>やっとかめ審判 様

僕も震度4程度に遭遇したのが最高なくらいです。
そのため、実際に被災地を襲った揺れの恐怖等は
定点カメラの映像等でしかわかりません。

何かをしたいと思いつつ、
何をすればいいのか
無力感に苛まれましたね。

だからせめて、言葉にしようかと、思ったのですが・・・
難しいものです。


>yas.gc8b 様

処理が必要な瓦礫の殆どは、
放射能等関係ないレベルのハズですけどね。
放射能による健康被害が怖いのなら
温泉にも、この地球上、というか宇宙を見ても逃げ場なんて無いんですけどね~

痛みをわかちあうくらいは、してあげたいものです。


>ぴあのうたい 様

がれきの受け入れ反対にも、色々あるのでしょう。
確かにそのおばあちゃんの意見も納得できます。
ただ、それでいて「絆」を唱えていたら・・・と、考えてしまう自分が嫌になりますね。

机上の空論では何もわかりませんね、現場じゃないと。
ただし、現場一辺倒になると、
どこもかしこも大変で、優先順位なんてつけられなくなるのも事実。
上手くバランスを取って運営してくれるといいのですが。

何にせよ、少しづつでも解決していかなければ、
先に進めませんよね!
一気にじゃなくて一から、一個づつでも!


>緋奈蜜 様

僕も、昨日、そして今日のコメントで
皆さんの意見を知ることが出来ました。
いろいろな考え方、捉え方があるのも事実なようです。

揺れで3メートル・・・
しかしやはり、今回は津波、ですね。

首都圏の買溜め騒ぎは・・・
何も言えません。
地震発生当日は、
首都圏の人々の行動も賞賛ものだったのですが。

今必要なのは「キズナ」ではなく、実際の行動ですね。
行動しなければ、何も進まない。
行動しないまま「キズナ」を唱えても、
中身が伴わずに壊れてしまうでしょう。

僕のブログで良ければ、
いくらでも感情を吐き出して下さい!
受け止めることくらい、できますから^^


>matsuyama 様

「絆」が手段になっている、確かにそうかもしれません。
「目的」があって、その手段に「絆」・・・
「絆」が目的に、手段が目的になっている感もありそうですが。

自分に火の粉がかかるのは確かに避けたい、
そして対岸の火事は対岸の火事・・・
だったらせめて「絆」は叫ばないほうがいい。

むやみやたらに「絆」を叫ぶのは
期待させておいて貶めるようなものなのかもしれません。

親まで一緒になって福島の子供をなじる・・・
さすがにその親は非難されるべき存在ですね。
子供の世界ならまだしも。

放射能も、
そんなに放射能が嫌なら、
一生温泉にもいけないし、
むしろ地球上で放射線が降り注がない場所なんて無いです。

高線量濃度の放射能が危険なら、
できるだけ各地で分散して、
平均線量を下げてしまえばイイ、と思うのは僕だけでしょうか?

少し違った切り口からの意見、
ありがとうございました!


>Sabimama 様

優先座席には、そこを必要としている人がいますよね。
「なんで」は、さすがにおかしい。
譲ろうとして「なんで?」と言われたことはありますがwww

この「なんで?」には、
自分さえ良ければイイ、というのが凝縮されているのかもしれませんね。
「絆」は叫ぶものではなく、無言実行して表すようなものかもしれません。
それが真の「絆」に近いのかな、と思います。

災害を利用した儲け
それが被災地を、そして日本を潤すならそれでいいのかもしれません。
しかし、限定的な人が潤うだけというのが今の現状のようです。

「絆」を大きく叫ぶことで、
「絆」の価値がなくなってきていますね。

火酒|2012/03/14|edit

comment form

管理者のみ閲覧可能




Profile

火酒

Author:火酒


 基本的には、火酒の日常を。そして時には皆様のお役に立てるようなエントリも書ければいいかな、程度につづっています。

 ほぼ火酒の実体験ですが、特定避けのため、所々改変しています。もし特定した場合でも、気づかなかったコトにして下さい(笑)。

 一言だけでもコメントを頂ければ元気が出ます、火酒の何かのレベルがきっと上がります。


壁|д・) ソォーッ…

壁|∀・)Ξスッ
このブログをはてなブックマークに追加
壁|д=) ジー
FC2ブログランキング
壁|ロ゚)ハッ
Counter
About 道しるべ

 ”道標(みちしるべ、どうひょう)”とは、目的地までの距離や方向を示すために設置されたもの。マイルストーン、一里塚、Milestone。by Wikipedia。
 ですが、このブログはただひたすらに迷っている火酒が、書きたいことを書き連ねているだけですw
 ここに書き連ねた”記録”が、いつか僕の糧になる。勝手にそう信じながら。
 管理人への連絡についてですが、メールアドレスを公開します。michishirube☆kasyu.net(☆→@で)。もし連絡したい状況になったらお使いくださいb
Links
 当ブログはリンクフリーです、そして相互リンク募集します。”原則”受け付けられますb
 リンクについて、詳しくはコチラのエントリをお読みください。
 また、このブログをリンクに簡単に追加するためのリンクはコチラです(FC2限定の機能となります、悪しからず・・・)。

→このブログをリンクに追加する
Diary
Everything
RSS URL
最新エントリのRSS URL


最新コメントのRSS URL


最新トラックバックのRSS URL
All Links

Click to expand





Information

 かねてから僕が運営していたRedStoneの★BACCARAT★ギルドサイトですが、この度、勝手ながら閉鎖させて頂きました。関係者の方々、散々放置してしまっていて申し訳なかったです。
 この跡地に、新たなサイトを立ち上げます(RedStone関係無いです)。まだまだ構想中ですが、これから公開できるよう、整備を行います。
 2012年、1月1日

 新たなサイト 道しるべ を開設しました。これからコンテンツを充実させていきます、よろしくお願い致します!
 2012年、4月21日
Archive

copyright © 道しるべ. all rights reserved.
copyright © 2004 powered by FC2. all rights reserved.
javascript by Harukiya Archives. all rights reserved.