道しるべ

火酒とは・・・ ジン、ウォッカ、ラム、テキーラといったスピリッツと呼ばれる酒を指す。 そんなことは全く関係ないこのブログ

<<041234567891011121314151617181920212223242526272829303106>>

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


避暑地巡り 熊ノ平駅


 こんばんは、火酒です。今日は帰ってからちょっと結構ダメ人間モードに突入してしまいましたw あー、なんかつかれたorz

 さて、お盆での避暑地巡り、前回のめがね橋編で予告していましたが、トンネルの先には一体何があるのか。

2013082901.jpg

 実は信越線の横川⇔軽井沢間は、日本で最初に電化された区間だったりします。これは、同区間が長いトンネルがたくさん連なっていたことが要因だそうで、通常の蒸気機関車であれば、その発する煙やすす、煤塵によって運転手の体調に影響が出ていたとか。
 そして電化されたのがこの区間。その時の架線用とおぼしき構造が残っています。

2013082902.jpg

 ここから目指すところまでは、ひたすらにトンネルが続きます。抜けたと思ったらまた次もトンネル。こんなことの繰り返し。
 それにしてもトンネル内の涼しさは格別でした。少し肌寒さすら感じましたけれどもw

2013082903.jpg

 で、トンネルを抜けた先にあるのがこちら。

2013082904.jpg

 廃駅。

2013082905.jpg

 アプト式開通の碑が残るこの駅は、熊ノ平駅、もしくは熊ノ平信号場。横川⇔軽井沢間、碓氷峠のまっただ中に、実は駅が存在していたわけです。
 もっとも、信号場だったこともあることからも、ここの存在価値はもともと列車の交換とかにあったという事らしいです。

2013082906.jpg

 左及び真ん中に見えるトンネルは、近代(戦後)作られたトンネル。右は戦前。フレームアウトしてしまっていますが、更に右にも一本トンネルが有ります。
 それにしても、いまさらながらとんでもないところに鉄道を通したものです。碓氷峠の中でも開発しやすい地点を使ったとは思うのですが・・・。しかし、もともと信越本線は東海道本線のバイパス路線。これをしっかりと作り上げてしまうあたり、昔の人の方が状況を見る目や判断力は素晴らしい物があったんじゃないか、と思います。

2013082907.jpg

 熊ノ平殉難の碑。在りし日の熊ノ平では、大規模な崩落が発生、鉄道関係者やその家族が巻き込まれたとのこと。この像は、潰れた建物の奥から発見された、幼子をしっかりと抱いていた母親がモチーフとのこと。

2013082908.jpg

 昭和25年6月8日から土砂の崩落が開始。6月12日まで崩壊が続き、最終的には死者50名、重傷者21名の惨事が、この山中の小さな駅で起こったわけです。

2013082909.jpg

 今となってはどこに人が住んでいたのかは全く想像ができませんが、階段らしきものを発見。この先に集落があったのでしょうか?

2013082910.jpg

 もう役目を終えた看板。

2013082911.jpg

 錆びついた電話。

2013082912.jpg

 そんな地に残る碑が、かつてここがでドラマがあったことを偲ばせてくれています。

 そんな火酒の道しるべ


関連記事


comment

no title

今では信越新幹線開通の為に、
軽井沢へ行かないローカル線ですね。
アプト式は知恵の結晶です。
山路を電車(汽車?)が、段階を少しづつ上がるのでしたか?
軽井沢という魅力的な土地へ行く為にする努力ならば、
人間が知恵を絞る目的は「遊びたい、楽をしたい」から始まる事が多いかも?
(テレビのリモコンなんて、まさに!)
楽になれば、その分「時間」を節約できる。
人気は頭がイイですね。

Sabimama|2013/08/30|edit
no title

火酒さん
おはようございます。
いつも楽しく読ませていただいています。
今回の避暑地シリーズも興味深く楽しいです。
いいなぁーとか、自分も行きたいなぁ〜など思っています。
それで、今回はお願いです。
言い(書き)そびれていたのですが、リンクさせていただいてよろしいですか?
フリーとのことですが、念のため・・・・
よろしくお願いします。

もなしょ|2013/08/30|edit
はじめまして☆彡訪問ありがとです!

集落の名残がなんともいえない余韻を残していますね。
ものすごいスピードで過ぎてゆく地球時間ですけど、ふと立ち止まると、それぞれに小さいながらも物語があるんですよね。
良い記事でしたb

また来ますね~^^b

※火酒さんの記事には同感できるところがたくさんあります。日参して読ませて頂きたいので、リンクを貼らせて下さいな♪
よろしくお願いしますm(__)m

ウダモ|2013/08/30|edit
コメントありがとうございます!

>Sabimama 様

なんか起きた時のために、単線くらいは保線して欲しいですよねw
経済的観点からは難しそうですが・・・

アプトはなかなか考えましたよね~
うまく動作させるのは非常に難しそうですが・・・
アプトは歯車のかみ合わせで機関者を押し上げます!
歯車を階段とみなせばそうかもですねw

楽になればその分「時間」を節約できる。
金言ですね!
今度使わせていただいても・・・?w


>もなしょ 様

おはようございます^^
こんなブログですが、見ていただいてありがとうございます!

最近、旅には全然出れていないので物足りないですが・・・w

こちらこそ、リンクを貼らせていただきますね!
よろしくお願いいたします^^


>ウダモ 様

こんなところにも人が住んでいたんだなぁ、ってなりますよね!
よく地球に換算したら一瞬、とか言われますが、
その一瞬が僕らにとっては重要なんですよね!

こちらこそ、リンクを貼らせていただきます!
よろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ

火酒|2013/08/31|edit
no title

こんにちはm(_ _)m
役目を終えた電話とかが寂しくも有り、
当時を物語っているようです!

トンネル内が・・・巳年だからでしょうか?
ヘビの模様に見えます!

夢勇(ユメイサミ)|2013/09/02|edit
コメントありがとうございます!

>夢勇(ユメイサミ) 様

こんにちは^^

夢の跡って感じですよね。
往年の姿を見てみたかったものです・・・

蛇♪
かわいいですよね(ぇ

火酒|2013/09/02|edit

comment form

管理者のみ閲覧可能




Profile

火酒

Author:火酒


 基本的には、火酒の日常を。そして時には皆様のお役に立てるようなエントリも書ければいいかな、程度につづっています。

 ほぼ火酒の実体験ですが、特定避けのため、所々改変しています。もし特定した場合でも、気づかなかったコトにして下さい(笑)。

 一言だけでもコメントを頂ければ元気が出ます、火酒の何かのレベルがきっと上がります。


壁|д・) ソォーッ…

壁|∀・)Ξスッ
このブログをはてなブックマークに追加
壁|д=) ジー
FC2ブログランキング
壁|ロ゚)ハッ
Counter
About 道しるべ

 ”道標(みちしるべ、どうひょう)”とは、目的地までの距離や方向を示すために設置されたもの。マイルストーン、一里塚、Milestone。by Wikipedia。
 ですが、このブログはただひたすらに迷っている火酒が、書きたいことを書き連ねているだけですw
 ここに書き連ねた”記録”が、いつか僕の糧になる。勝手にそう信じながら。
 管理人への連絡についてですが、メールアドレスを公開します。michishirube☆kasyu.net(☆→@で)。もし連絡したい状況になったらお使いくださいb
Links
 当ブログはリンクフリーです、そして相互リンク募集します。”原則”受け付けられますb
 リンクについて、詳しくはコチラのエントリをお読みください。
 また、このブログをリンクに簡単に追加するためのリンクはコチラです(FC2限定の機能となります、悪しからず・・・)。

→このブログをリンクに追加する
Diary
Everything
RSS URL
最新エントリのRSS URL


最新コメントのRSS URL


最新トラックバックのRSS URL
All Links

Click to expand





Information

 かねてから僕が運営していたRedStoneの★BACCARAT★ギルドサイトですが、この度、勝手ながら閉鎖させて頂きました。関係者の方々、散々放置してしまっていて申し訳なかったです。
 この跡地に、新たなサイトを立ち上げます(RedStone関係無いです)。まだまだ構想中ですが、これから公開できるよう、整備を行います。
 2012年、1月1日

 新たなサイト 道しるべ を開設しました。これからコンテンツを充実させていきます、よろしくお願い致します!
 2012年、4月21日

copyright © 道しるべ. all rights reserved.
copyright © 2004 powered by FC2. all rights reserved.
javascript by Harukiya Archives. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。