道しるべ

火酒とは・・・ ジン、ウォッカ、ラム、テキーラといったスピリッツと呼ばれる酒を指す。 そんなことは全く関係ないこのブログ

<<071234567891011121314151617181920212223242526272829303109>>

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


選挙が終わりました


 こんばんは、火酒です。もう二日前の話になりますが、参議院選挙、終わりましたね。結果はおおかたの予想通りと言ってよさそうです。ともあれ、お疲れ様でした。

 さて、今回の選挙が終わってみたら・・・、なんと投票率が52%という状態でした。自分の住む国の行く末を占うというのにこの関心の低さはいったい?
 自民党の大勝に終わった今回の選挙、この投票率の低さも相まって、既に「投票率を考えると民意を反映したものではない」みたいな感じの妙な論調の報道がされていたりします。どうしてそんな論調に結び付けられるのかどうか甚だ疑問ではあるのですが、「政治と国民の間の”ねじれ”を懸念する」とか。

 もっとも、既存メディア各社と国民の間には、大きな意識のねじれがあるのは確かなようです。はっきり言ってメディアが国民の意見を反映しているかといえば、そうではないのは確かと言えそうですが、それにしてもこの52%という投票率には付け入られる隙がありすぎるのも確かで・・・

 今回の選挙の有権者数は1億人強だったそうです。そのうち4800万人程度は選挙を放棄したわけですね。これはものすごい数字ですね。

 一票の重さというのはどれだけあるのか。確かに「自分一人が投票した所で大きな流れは変わらない」という意識もあるでしょう。なにせ自分の持つ票は、全国で見れば”1億分の1”程度の重さでしか無い。各選挙区で見たところで30万分の1~50万分の1程度といったところでしょうか。”一票の格差”あたりの話題はスルーしてくれるとありがたいです。
 確かにこれではあまり熱が入らないのも正直、わかります。ただ、教科書的にはこの一票の積み重ねが重要。そして今回の選挙では、一票の重みが如実に現れた選挙区がありました。

 参院選宮城選挙区。今回この選曲で改選された議員は愛知治郎氏と、岡崎トミ子氏。もとからここの選挙区では、愛知次郎氏の独走が予想され、現に2位以下を引き離す得票数を獲得。問題は2位以下。
 岡崎トミ子氏と言えば、民主党の初期メンバーにして、国家公安委員会を歴任したこともある人物。その上、韓国で行われた反日デモに参加し、毀損日の丸との写真もあるという実績を持つ。
 ネット上では有名なこの話ですが、既存マスコミがまともにこの話題を取り上げた記憶は僕の中にはありません。そして今回の選挙でも、宮城の地方票の開票を見る限り、2位につけていたのは岡崎氏でした。
 流れが変わったのは仙台市の開票から。仙台市の開票が進むにつれ、3位につけていた和田政宗氏との差が縮小し、ついに和田氏が逆転。最終的な得票差は何と5千票差。22万票と、21万5千票というデッドヒートでした。

 いかがでしょう。1票の重みというものを可視化する、象徴的な出来事だったのではないかと僕は考えています。


 しかし、この投票率の低さを逆に有効活用できないものか、とも考えてみたわけで。例えば、投票棄権に対して、1選挙あたり1万円の罰金を課すことにしたら・・・今回の選挙であれば、何と4800億円もの歳入につながります。
 臨時収入として4800億円もあれば、「はやぶさ2」に代表されるJAXAの研究開発費に充てることも考えられますし、世界中の海でフル活用されている科学掘削船「ちきゅう」の2番艦、3番艦の建造を行なってもお釣りが来ます。国内に多数の「野菜工場」を林立させることも可能でしょうし、「メタンハイドレート」やその他の近海の鉱物を取り出す技術開発費用も捻出できるのではないでしょうか?

 こういう手を打つのって有効なんじゃないかと、思うんだけどなぁ・・・

 選挙の他の話をすると、選挙違反事件とかが面白いことになりそうですね。面白いという表現は我ながらどうかとも思いますが、ここでぬるい対応をしてしまった場合、「選挙違反しても当選すれば問題ない」という風潮を作りかねないところがあるので、凛とした対応をして貰いたいものです。

 ・・・あと、このご時世に組織票ってどうなの?というのも率直な思いでして。やっぱり個人個人の考えを反映させるのが選挙だと思いますし、ね。

2013072301.jpg

 ハーゲンダッツ、バニラクッキーラズベリー♪

2013072302.jpg

 一瞬この形がハートに見えたのは秘密。

2013072303.jpg

 うん、美味しいですね!

 さて、ブログを休めんで英気を、と思いましたが、そう一筋縄にもいかなそうな今日このごろ。むしろ定期的にブログに向かう時間が無くなったため、ダラダラする時間が増えすらした気がします。
 もう少し、頑張ってブログに向きあう時間を作ったほうがまだ色々とマシかもしれないと思いつつ。

 そしてもう一つ、やる気が色々と出なくなる原因ですが、コレも実はほぼわかっていたりします。それはズバリ、ネットサーフィン。
 ちょっと気になったことを調べ、関連情報を調べだすと、数時間なんて簡単に飛んでしまう。更に悪いことに最近僕が検索ボックスに放り込む検索ワードが「2nn」。ある意味最新ニュースは、既存マスコミが積極報道しないものも含めておそらくほぼ全て集まってくるサイトがヒットするのですが・・・、中毒性がヤバイんですよね、ここ。

 休んでみても、休んでみなくてもあまり事態が変わらないなら、やっぱり日常生活にある程度の”規則”を持ち込む努力をしたほうがよさそうです。そしてできうる限りネットサーフィンを止める。これだけで相当・・・違うだろうなと思いつつ。

 というわけでまた、このブログもぼちぼち頑張っていきますのでよろしくお願いします。いつもの通り、生暖かい目で見守っていただけると元気が出ますw

 そんな火酒の道しるべ


関連記事


comment

no title

こんばんは。
初めてコメントさせていただきます。

選挙の度に思う事は投票率のあまりの低さ...゚(゚´Д`゚)゚
「どうせ私が1票入れたところで変われへん!」と思ってるのでしょうが、
せっかくの権利なのに勿体無いです。

投票日の何日か前に「投票に行ったら何か得があればいいのに...」と
30代の大学教員の方のコメントを新聞で見つけてガッカリしました。
その方は今まで投票に1度も行った事が無いとのことでした。

で、火酒さんの「投票棄権に対する罰金制度」に大きくうなづいてしまいました。
どこかの国ではそう言う罰則があると聞いた事があります。

ちびくま|2013/07/23|edit
no title

 こんばんわ。好い記事ですね。気負わず書かれて居るから、読む方もすーと付いて行ける。

 権利と義務。これって考えると、表裏一体の物なんでしょうね。ブログ更新もそうだと思うんですが、更新を権利だと思ってしまうと、ややもすれば書くも書かないも、自分の自由と為って仕舞いますよね。

 また義務と思えば、書く時間を捻出しようと努力する。無駄・無理・重複する時間を整理統合して、自分の時間を作る努力をする。

 そう考えると、一見権利と思える物も、義務捻出の努力の結果で、手にした権利とも映る訳ですよね。

 そう考えると、権利放棄は、真に勿体ない限りの行為で在りまして、義務の裏側の権利と為れば、結果は見えて居るとか、自分一人が行かなくても・・・なんて、責任転嫁的な発想には為らないんじゃないでしょうかね。吾が主は、自分為りで、あまり余所見をする気持ちも生まれないのではないでしょうかね。へへへ。

アガタ・リョウ|2013/07/23|edit
no title

こんにちは。ご意見には、ある意味賛成なんですが…

オーストラリアなどは、選挙に行かないと「罰金」が科せられるようで
それはそれでいいようにも思いますが
そうなると、「選挙権」が「権利」ではなく「選挙義務」になっちゃって
それはそれで、果たしていいのかなぁ…とも思うわけですね。

そして、また、そうなると
選挙にまったく興味のない人も、イヤイヤ選挙に行くのでしょうが
そうなると、ただただ有名な人が絶対的に優位・・・
ならば、芸能人とか、顔を売ったもの勝ちみたいな選挙になって
そういう意識で選ばれた議員さんが「正しい政治」をするのかな?・・・とか
まぁ、悩みのタネは尽きませんよね。

僕のブログにも、投票率を上げるいろんなアイデアが
書きこまれていますので、何かのご参考にどうぞ。

僕は、選挙の度に「選挙に行きましょうキャンペーン」を
自分のブログで展開していますが
段々と、賛同してくれる方々も増えて、
同じように選挙に行くように呼びかけておられますが
小さな力かも知れませんが、ヤッパリ大事な話のように思います。

ところで僕は、こんなに結果のわかった詰まらない選挙なのに
よく52%以上の投票率があったものだ…と、逆に感心しています。
史上最低、39.5%・・・とかでも、決しておかしくはなかったような
・・・というようなブラックな冗談ですが、

それでも、マスコミも含めてみんなで「選挙に行きましょう」と
呼びかけた結果のように思うんですけどね・・・。

失礼いたしました。

癌ダム4G|2013/07/23|edit
no title

こんにちは。

ある意味、もっともなご意見ですよね。

オーストラリアなどは、そういうシステムだと聞いています。
ただそうなると、「選挙権」が「権利」ではなく「選挙義務」になっちゃって
それはそれで、果たしていいのかなぁ…とも思うわけですね。

そして、また、そうなると
選挙にまったく興味のない人も、イヤイヤ選挙に行くのでしょうが
そうなると、ただただ有名な人が絶対的に優位・・・
ならば、芸能人とか、顔を売ったもの勝ちみたいな選挙になって
そういう意識で選ばれた議員さんが「正しい政治」をするのかな?・・・とか
まぁ、悩みのタネは尽きませんよね。

僕のブログにも、投票率を上げるいろんなアイデアが
書きこまれていますので、何かのご参考にどうぞ。

僕は、選挙の度に「選挙に行きましょうキャンペーン」を
自分のブログで展開していますが
段々と、賛同してくれる方々も増えて、
同じように選挙に行くように呼びかけておられますが
小さな力かも知れませんが、ヤッパリ大事な話のように思います。

ところで僕は、こんなに結果のわかった詰まらない選挙なのに
よく52%以上の投票率があったものだ…と、逆に感心しています。
史上最低、39.5%・・・とかでも、決しておかしくはなかったような
・・・というようなブラックな冗談ですが、

それでも、マスコミも含めてみんなで「選挙に行きましょう」と
呼びかけた結果のように思うんですけどね・・・。

とりあえず、投票率って、せめて70%くらいは欲しいものですよね。
失礼いたしました。

癌ダム4G|2013/07/23|edit
コメントありがとうございます!

>ちびくま 様

こんばんは^^

投票率、なぜ投票を放棄しようと思うのかが僕にはわかりません。
自分の意見を国政に反映させる数少ない機会の一つだと思いますが・・・

投票にコレまで行ったことのない30代の大学職員・・・
なんだかもう、呆れるばかりですね・・・w


>アガタ・リョウ 様

思いつくままにスーっとかけたのが今回のエントリですw
気負わず無理せず、ですよね!

権利と義務、確かに切り分けが難しいです。
ブログにしても権利ですが、
権利だと思えばいくらでも放置してしまう。
義務だと思えばなんとか時間を作ろうとする。
確かに・・・


>癌ダム4G 様

こんにちは。
コメント、まとめさせて頂きますね。

義務投票制、採用しているところはやはり投票率が高いそうです。
確かに最近流行りの有名人候補が有利になりかねませんね・・・
そしてそれは政治を無能化する方向に働きそうな気がします。

ただ、白票でもいいので投票所に行く、
誰に投票するかを考える、といったことは重要だと思うんですよ。

投票率、確かに70%は最低欲しいですね~
現代世代の政治への無関心は・・・将来世代の負担にしかならないと思います。

火酒|2013/07/24|edit
no title

2nnを教えていただきありがとうございます。

興味深い記事がたくさんありますね。

マスコミがいかに偏向しているかが、よくわかります。
2chまとめは、ここからネタをとっていたのでしょうかね?

あおば映治|2013/07/24|edit
コメントありがとうございます!

>あおば映治 様

2nn、知らなければよかったと思う日が来ないことを祈りつつ。
ハマるのには気をつけてくださいね!

2chまとめに反映される記事は多いですね、
もっとも、2nnは2chの一部でしかないですがw

火酒|2013/07/24|edit

comment form

管理者のみ閲覧可能




Profile

火酒

Author:火酒


 基本的には、火酒の日常を。そして時には皆様のお役に立てるようなエントリも書ければいいかな、程度につづっています。

 ほぼ火酒の実体験ですが、特定避けのため、所々改変しています。もし特定した場合でも、気づかなかったコトにして下さい(笑)。

 一言だけでもコメントを頂ければ元気が出ます、火酒の何かのレベルがきっと上がります。


壁|д・) ソォーッ…

壁|∀・)Ξスッ
このブログをはてなブックマークに追加
壁|д=) ジー
FC2ブログランキング
壁|ロ゚)ハッ
Counter
About 道しるべ

 ”道標(みちしるべ、どうひょう)”とは、目的地までの距離や方向を示すために設置されたもの。マイルストーン、一里塚、Milestone。by Wikipedia。
 ですが、このブログはただひたすらに迷っている火酒が、書きたいことを書き連ねているだけですw
 ここに書き連ねた”記録”が、いつか僕の糧になる。勝手にそう信じながら。
 管理人への連絡についてですが、メールアドレスを公開します。michishirube☆kasyu.net(☆→@で)。もし連絡したい状況になったらお使いくださいb
Links
 当ブログはリンクフリーです、そして相互リンク募集します。”原則”受け付けられますb
 リンクについて、詳しくはコチラのエントリをお読みください。
 また、このブログをリンクに簡単に追加するためのリンクはコチラです(FC2限定の機能となります、悪しからず・・・)。

→このブログをリンクに追加する
Diary
Everything
RSS URL
最新エントリのRSS URL


最新コメントのRSS URL


最新トラックバックのRSS URL
All Links

Click to expand





Information

 かねてから僕が運営していたRedStoneの★BACCARAT★ギルドサイトですが、この度、勝手ながら閉鎖させて頂きました。関係者の方々、散々放置してしまっていて申し訳なかったです。
 この跡地に、新たなサイトを立ち上げます(RedStone関係無いです)。まだまだ構想中ですが、これから公開できるよう、整備を行います。
 2012年、1月1日

 新たなサイト 道しるべ を開設しました。これからコンテンツを充実させていきます、よろしくお願い致します!
 2012年、4月21日

copyright © 道しるべ. all rights reserved.
copyright © 2004 powered by FC2. all rights reserved.
javascript by Harukiya Archives. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。