道しるべ

火酒とは・・・ ジン、ウォッカ、ラム、テキーラといったスピリッツと呼ばれる酒を指す。 そんなことは全く関係ないこのブログ

<<0512345678910111213141516171819202122232425262728293007>>

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


古典部シリーズ


 おはようございます、火酒です。休日の過ごし方をなんとかしないといけないと最近焦っている今日この頃。なんだか布団から出れずに、不毛な日を送ってしまうことが多いんですよ。
 朝、頑張って布団から出たらそのままシャワー浴びて着替える、それだけで相当違うことは分かっているのですが・・・
 平日の帰宅後のほうが、ある程度行動がテンプレ化されているため、ある意味有意義な時間になっています。うーん、勿体ないな。

 さて、読書のお話です。米澤穂信の〈古典部〉シリーズ、聞いたことがある方も多いと思います。むしろ、”氷菓”と言われればわかる、という方はもっと多いかも知れませんねw

2012120201.jpg

 〈古典部〉シリーズ第一作”氷菓”。ある事情から神山高校古典部に入部した主人公、折木奉太郎。日常に潜む些細な謎を解いているうちに、古典部の文集”氷菓”に込められた意味を探っていく事になる。

 そして第二作”愚者のエンドロール”。文化祭の他のクラスの出し物で、映像作品としてミステリの製作が進んでいた。そんな中、脚本家が過労でダウン。そのミステリの解決編はどのようなものを考えていたかを探っていく事に。他の探偵候補者の話を聞きつつ進めていくが、真相は・・・

2012120202.jpg

 古典部シリーズ第三作”クドリャフカの順番”。神山高校文化祭”カンヤ祭”で古典部は氷菓の文集を販売していた。発注ミスがあり、実に200部の文集を捌かなければいけないことに。
 そんななか、盗難事件が起こる。そこには、犯人からのメッセージが残されていた。その法則性から、古典部も標的になる可能性がある事に気づいたホータローは・・・

 第四作”遠回りする雛”これは短編集ですね。夏休みや年末年始等の話がまとめられています。

 しかし前回紹介したビブリア古書堂にも言えることですが、人死にが出るような話が出ないミステリというのは気楽に読めてイイですねw
 手に汗握る展開というのが無いのはアレですが、その要素を使わずに”読める”作品にしていくのは素晴らしいと思います。

 で、古典部シリーズが有名なのは、少し前に放映されたTVアニメ”氷菓”によりますね。そのため、今回の文庫は二重ジャケットになっていたりします。

2012120203.jpg

 これがそのジャケット。”氷菓”及び”愚者のエンドロール”。

2012120204.jpg

 裏表紙には設定資料が。

2012120205.jpg

 ”クドリャフカの順番”及び、”遠回りする雛”。

2012120206.jpg

 こちらにも設定資料。

 アニメの第一話、何処かで公式無料配信していると思ったんですが・・・見つかりませんね。ちなみにアニメ、作画が美しいし、話もなかなかマッタリ系が好きな人にはかなりお勧めです!

 ちなみにアニメはほぼ原作準拠ですが、チラホラと改変しているところがあります。アニメ化ではそういったところが違和感として問題視されることが多いのですが・・・、氷菓のアニメは良改変でしたね。
 原作では話の最後に”救い”が無いことが多いんですよ。それがアニメ化でちょっとした解が与えられているのが嬉しかったですね。例えば「正体見たり」や「手作りチョコレート事件」について。

 アニメ二期、やってほしいですね。しかし単行本が3冊は足りなそうです。年1冊くらいのペースだから、早くても3年後くらいにあるかどうか。難しいかなぁ・・・

 そんな火酒の道しるべ


関連記事


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-|2012/12/02|edit
no title

こんにちはm(_ _)m
火酒様は国内旅行とPCの詳しい人であり、美味しいものを愛する
人であるって勝手なイメージがありましたが、読書家でもあったのですね(!3!)
なんだか新たな発見をした気分です(^3^)

夢勇(ユメイサミ)|2012/12/02|edit
no title

アニメの氷菓、あれは良かったです。

僕的に名作として残りました。声フェチの僕としては
えるの声優をしていた佐藤聡美さんの声にハマりました(笑)

黒っぽいネコ|2012/12/02|edit
コメントありがとうございます!

>夢勇(ユメイサミ) 様

こんにちは!
そのイメージ、間違っていないですよw
本も好きですが、なかなか時間が・・・


>黒っぽいネコ 様

氷菓は円盤を手元においてもいいかな、と思わせる作品でした!
佐藤聡美さん、ラジオのテンションがまた・・・w

火酒|2012/12/02|edit

初めまして、黒髪と申します。
道しるべ、以前からよく拝見させてもらってました^^

古典部シリーズ、面白いですよね~。
なんかゆったり読める感じがとても好きでした。
アニメの方も、じっくり原作を読んで描写されてるのがいい雰囲気つくってましたし。

「ビブリア古書堂の事件手帖」は、前回の記事で私も読みたくなりましたw
またこちらに寄せて頂きますね~。

黒髪|2012/12/02|edit
はじめまして。

はじめまして。いつもご訪問ありがとうございます。

わたしも休日はゴロゴロダラダラと不毛な日を送ることが多いので、「これじゃいかん!」と思いつつ、少し焦るときもあります^^;

読書、今年は研究対象の論文ばかり読んで小説とかは全然読んでなかったです。
火酒さんの記事を読んでいて、米澤穂信作品に興味を持ちました。

近所の図書館にあったら借りて読んでみようと思います^0^

また遊びにくるのでリンクさせてもらいますね。

イオリ72|2012/12/02|edit
コメントありがとうございます!

>黒髪 様

初めまして!
訪問&コメント感謝いたします^^

古典部シリーズ、ゆったり読める感じは最高ですよね。
アニメの作画、雰囲気も素敵でした!


>イオリ72 様

初めまして~
訪問&コメントありがとうございます!

休日がしゃきっと出来れば平日も、と思うんですけどね~
なかなかうまく行かないものです・・・

本はちらほらと時間を見つけていますが
なかなかまとまった時間が取れないですね・・・

いつでも遊びに来てください!

火酒|2012/12/03|edit

comment form

管理者のみ閲覧可能




Profile

火酒

Author:火酒


 基本的には、火酒の日常を。そして時には皆様のお役に立てるようなエントリも書ければいいかな、程度につづっています。

 ほぼ火酒の実体験ですが、特定避けのため、所々改変しています。もし特定した場合でも、気づかなかったコトにして下さい(笑)。

 一言だけでもコメントを頂ければ元気が出ます、火酒の何かのレベルがきっと上がります。


壁|д・) ソォーッ…

壁|∀・)Ξスッ
このブログをはてなブックマークに追加
壁|д=) ジー
FC2ブログランキング
壁|ロ゚)ハッ
Counter
About 道しるべ

 ”道標(みちしるべ、どうひょう)”とは、目的地までの距離や方向を示すために設置されたもの。マイルストーン、一里塚、Milestone。by Wikipedia。
 ですが、このブログはただひたすらに迷っている火酒が、書きたいことを書き連ねているだけですw
 ここに書き連ねた”記録”が、いつか僕の糧になる。勝手にそう信じながら。
 管理人への連絡についてですが、メールアドレスを公開します。michishirube☆kasyu.net(☆→@で)。もし連絡したい状況になったらお使いくださいb
Links
 当ブログはリンクフリーです、そして相互リンク募集します。”原則”受け付けられますb
 リンクについて、詳しくはコチラのエントリをお読みください。
 また、このブログをリンクに簡単に追加するためのリンクはコチラです(FC2限定の機能となります、悪しからず・・・)。

→このブログをリンクに追加する
Diary
Everything
RSS URL
最新エントリのRSS URL


最新コメントのRSS URL


最新トラックバックのRSS URL
All Links

Click to expand





Information

 かねてから僕が運営していたRedStoneの★BACCARAT★ギルドサイトですが、この度、勝手ながら閉鎖させて頂きました。関係者の方々、散々放置してしまっていて申し訳なかったです。
 この跡地に、新たなサイトを立ち上げます(RedStone関係無いです)。まだまだ構想中ですが、これから公開できるよう、整備を行います。
 2012年、1月1日

 新たなサイト 道しるべ を開設しました。これからコンテンツを充実させていきます、よろしくお願い致します!
 2012年、4月21日

copyright © 道しるべ. all rights reserved.
copyright © 2004 powered by FC2. all rights reserved.
javascript by Harukiya Archives. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。