道しるべ

火酒とは・・・ ジン、ウォッカ、ラム、テキーラといったスピリッツと呼ばれる酒を指す。 そんなことは全く関係ないこのブログ

<<091234567891011121314151617181920212223242526272829303111>>

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


行き当たりばったり感


 こんばんは、火酒です。日に日に冷え込みが強くなっている気がします、と書こうと思ったのですが、何で今日は暖かいのさw
 そう言えばもう、秋物コートを出している方は多いと思うんです。しかし手袋やマフラーはどうなんでしょう?もう皆さんは準備しているのでしょうか?


 さて、主張と現実というものは、食い違うことは多々あります。それはしょうがないところではあるのですが、余りにも浅い考えのもと実行して、予想通りの結果を得ているものもあります。

 10月から施行された「違法ダウンロードの刑事罰化」の結果、ネット上で音楽や映像コンテンツを見聞きしていた人達が、CD等に流れてきて、CD等の売上も回復する予定だったそうですが、見事なまでに”音楽離れ”を加速させているそうですね。
 いや、確かに有料版と無料版があれば皆、無料版を好む、ならば無料版を締め付ければ有料版を手にするはず。と、本気で考えていた人達は次は何処に”原因を求める”のでしょうか?

 有料版と無料版があった場合、無料版を締め付ければ有料版に流れる。それは一面、正しいです。しかしそれが適用される条件はなかなか限られていて、そのコンテンツが優れている場合に限ります。
 コンテンツが優れていないにもかかわらず、上記のような手をとった場合、人々は離れていく、これも道理なわけで。

 しかし、何故”音楽業界が不況”であるかを本気で考えた”関係者”っているのでしょうか。この際音楽業界の関係者が、自分たちの利益を確保するために何をするかを考えたかどうか、という問いかけでも構わないでしょう。
 今回、打たれた手は”違法コンテンツの締め付け”、言い換えれば無料コンテンツの締め付けにあたります。音楽業界が利益を上げるために、無料コンテンツを規制し、有料コンテンツに向かわせる、と。そしてその結果が”音楽離れ”。

 そもそも、無料版を規制すれば有料版が、というのは短絡的思考なように思います。なぜなら、無料版が気に入ったら有料版を手に入れる人は多いから。
 例えば、AさんとBさんがそれぞれ作品を作った場合。Aの作品の出来を”上出来”、Bを”微妙”としましょう。Aは自分で作った作品をネット上の無料コンテンツとして流した上、CD等の媒体で販売をした。Bは自分の作品を有料コンテンツとした。
 結果、Aは売上を伸ばし、Bの売上は低迷。そしてBはその原因を、”ネット上で勝手に作品を無料拡散されたから”ことに求めた。
 単純化すると、この問題はこんな感じなんじゃなかろうかと思いますね。これ以上の解説は無粋な気がするので止めておきますが、少しだけ提起しておくと、Bのコンテンツがネット上に拡散されなかった場合、どういう結末を迎えそうか、という事です。

 主張するのは簡単ですが、それが現実と即していない場合、見当違いの結果を招くことはままあります。そしてそれは物事を後退させる危険性の方が大きい気がするんですね。上記の例の場合、Bはコンテンツを良くする努力も出来ないでしょうし、このまま消えて行く事でしょう。
 主張するのは物事をしっかり見据えてから。これが出来るだけでも随分と色々な事が良い方向に転ぶんじゃないでしょうか?


 新設3大学が先日不認可されました。確かに大学全入時代であり、これ以上大学が増えても、という思いが僕にもあり、流していた話題ですが・・・。
 今回不認可したのが田中文科相。そしてその前に審議を通っており、準備が進んでいる状態だったらしいですね。その状態で不認可にされたらそれは拗れます。そして取った手段が「新基準で審議する」そうで。そして確実に認可に向かうそうですね。これまた、行き当たりばったりが拗れた感じですが、素直に不認可を撤回しろよ。そして今はどうやら”そんな事言ってない、誤解だ”的な話にしようとしているらしいですが、それはなんという様式美でしょうか?

 野田内閣の支持率がまた落ちましたね。これに対して野田総理大臣は「支持率の低下は国民からの叱咤激励だと考える」と。主張としては「叱咤激励」だとしても、現実サイドは「いい加減にしろ」という状態なわけで。

 ・・・ホントいい加減、行き当たりばったりは止めて、物事をしっかり見据えてほしいものです。


 さて、殺伐系のエントリになってしまったので、お菓子の写真でお茶濁し♪

2012110701.jpg

 おみやげいただきました!栃木県、日光に行ってきたそうですが、日光はレモンが名産なんでしょうか?ちなみにこの檸檬の月、美味しかったですよ!

 そんな火酒の道しるべ

関連記事


comment

no title

今回もお菓子のコメントしか出来ない私ですが・・・。

母が栃木出身なもんで。「レモン牛乳」は母が学生の頃から

あるレモンが入ってない「レモン牛乳」です。

なんなんでしょうねー?風味だけなんですかね。

ちなみに東京でも見るようになりましたよ。

檸檬の月、たぶん食べたことあります。たぶん・・・。

檸檬が名産って聞いたことないですねぇ・・・・。

もちこ|2012/11/07|edit
no title

こんばんは。

音楽の違法DL罰則化は、まったくもって火酒さんのおっしゃるとおりですね。

わたしも最初にこの話を聞いたときに、「逆効果なんじゃないかな」と思いました。

もっともわたしの場合、当てはめたのはデパ地下コーナーでしたけど。

試食が一切無くなったらわたしは足を運ばなくなるなぁ、なんて考えていました。

まーなんと次元の低い……。

もちゆき|2012/11/07|edit
no title

支持率が低下しても“国民からの叱咤激励”ととられるなんて。。。
まるでSMなノダ!

ロン|2012/11/07|edit
コメントありがとうございます!

>もちこ 様

レモン牛乳なのにレモンが入ってない!
なかなか斬新ですねw

栃木県、レモンが名産というわけじゃないんですかね~


>もちゆき 様

デパ地下コーナーでの例、
ものっすごくわかりやすいですね!!
確かにデパ地下に
試食がなくなったら行く気がしませんねw


>ロン 様

怒られたり、怒鳴られたりすることが気持ちいいんでしょう、彼は。
・・・寒気がしますね。

火酒|2012/11/08|edit

comment form

管理者のみ閲覧可能




Profile

火酒

Author:火酒


 基本的には、火酒の日常を。そして時には皆様のお役に立てるようなエントリも書ければいいかな、程度につづっています。

 ほぼ火酒の実体験ですが、特定避けのため、所々改変しています。もし特定した場合でも、気づかなかったコトにして下さい(笑)。

 一言だけでもコメントを頂ければ元気が出ます、火酒の何かのレベルがきっと上がります。


壁|д・) ソォーッ…

壁|∀・)Ξスッ
このブログをはてなブックマークに追加
壁|д=) ジー
FC2ブログランキング
壁|ロ゚)ハッ
Counter
About 道しるべ

 ”道標(みちしるべ、どうひょう)”とは、目的地までの距離や方向を示すために設置されたもの。マイルストーン、一里塚、Milestone。by Wikipedia。
 ですが、このブログはただひたすらに迷っている火酒が、書きたいことを書き連ねているだけですw
 ここに書き連ねた”記録”が、いつか僕の糧になる。勝手にそう信じながら。
 管理人への連絡についてですが、メールアドレスを公開します。michishirube☆kasyu.net(☆→@で)。もし連絡したい状況になったらお使いくださいb
Links
 当ブログはリンクフリーです、そして相互リンク募集します。”原則”受け付けられますb
 リンクについて、詳しくはコチラのエントリをお読みください。
 また、このブログをリンクに簡単に追加するためのリンクはコチラです(FC2限定の機能となります、悪しからず・・・)。

→このブログをリンクに追加する
Diary
Everything
RSS URL
最新エントリのRSS URL


最新コメントのRSS URL


最新トラックバックのRSS URL
All Links

Click to expand





Information

 かねてから僕が運営していたRedStoneの★BACCARAT★ギルドサイトですが、この度、勝手ながら閉鎖させて頂きました。関係者の方々、散々放置してしまっていて申し訳なかったです。
 この跡地に、新たなサイトを立ち上げます(RedStone関係無いです)。まだまだ構想中ですが、これから公開できるよう、整備を行います。
 2012年、1月1日

 新たなサイト 道しるべ を開設しました。これからコンテンツを充実させていきます、よろしくお願い致します!
 2012年、4月21日

copyright © 道しるべ. all rights reserved.
copyright © 2004 powered by FC2. all rights reserved.
javascript by Harukiya Archives. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。