道しるべ

火酒とは・・・ ジン、ウォッカ、ラム、テキーラといったスピリッツと呼ばれる酒を指す。 そんなことは全く関係ないこのブログ

<<061234567891011121314151617181920212223242526272829303108>>

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京都観光 水路閣~蹴上インクライン


 こんばんは、火酒です。ボケっとしてたら日付が変わっちゃったんですが、投稿時間をゴニョゴニョしていますw

 ではサクサクといきましょう、今日のエントリは京都観光の続きとなります。前回のエントリはコチラを参考してくださいね!

2012092901.jpg

 とりあえず南禅寺。

 さて、今回京都観光を行おうと思った最大の理由は相互リンクしていただいてるひぃ☆さんのブログ、「AB型のココロ。。。」で、言及があったコチラが目当てでした。

2012092902.jpg

 水路閣。琵琶湖疏水から京都へと水を運んだ水道橋。少し残念だったのは時代が新しいことですね、「実は古代からあって、ローマの水道橋とタメを張れる存在か!?」と思ったのですが、ずっと近代の明治あたりの時代の産物でした。

2012092903.jpg

 水路上に登ることが出来たので、延々と続く水路の脇の道を歩いてみました。

2012092904.jpg

 木立の間から覗くのは京都の街並み。ここは意外と街から遠い。

2012092905.jpg

 ひたすらに歩いていた所、溜池っぽいところに出てきました。一体何のために、と思ったところ・・・

2012092906.jpg

 実は水力発電所。しかし工場とかプラントとか発電所とか、パイプが入り組んでいる構造物はなんとなくワクワクしますねw

2012092907.jpg

 しかしこの発電所の反対側にも溜池的な所は続きます。そして説明に寄るとこの先にはトンネルがあり、琵琶湖と繋がっているらしく・・・?

2012092908.jpg

 そして反対側にはなんだか水没したレール。

2012092909.jpg

 この一風変わった台車ですが、船が載っています。ここは、蹴上インクライン。琵琶湖と京都をつないだ琵琶湖疏水ですが、船による物資の輸送も行われていました。
 そしてここ、蹴上インクラインの役目というと、琵琶湖からトンネルを通って出てきた船を、京都の街と行き来させる為の設備。
 要は、高低差のあるトンネル出口と京都の街の船の行き来にケーブルカーを使っていた、という話です。

2012092910.jpg

 これがそのレール。そしてこれ、広いです。軌道間が2~3mはあるんじゃなかろうか? 一般的な鉄道で1m、新幹線や阪急電車でも1.5m程度です。

2012092911.jpg

 そして京都側の船溜り跡。今では荒れ果てています。

2012092912.jpg

 付近にあった琵琶湖疏水記念館に行ってみました。展示物に蹴上インクラインの稼働模型とかもあってなかなか楽しい場所でしたよ! そして琵琶湖疏水の水が売っていたので飲んでみましたが、うーん・・・

 ともあれこの水路閣と蹴上インクライン。そして琵琶湖疏水もそうなのですが、なかなか見る価値があると思います。これもまた、近代遺構に分類されるんじゃないでしょうか? 京都の水道、そして電力供給等のインフラを担った設備。これらの大掛かりな設備もまた、CADも無い時代に作られたのだから凄いものです。

 そんな火酒の道しるべ


関連記事


comment

楽しいブログですね

ご訪問ありがとうございます。
楽しそうなブログです。
リンクを張らせていただきました、
今後ともよろしくお付き合いください。

しょうげん|2012/09/30|edit
no title

良い雰囲気の水道橋ですね!

琵琶湖から京都に水を引いているのですね。
知りませんでした。。。
琵琶湖と京都はかなり離れているイメージがあるのですが、
水を供給しているという事は、そうでもないのでしょうか。

右肩|2012/09/30|edit

京都の水道水はマズイので有名ですよね。

ロン|2012/09/30|edit
no title

こんばんは♪

この水道橋は見た目ほど
そんなに古いものではないんですよね。
アーチがヨーロッパふう。絵になりますね♪


あんず|2012/09/30|edit
no title

疏水の画像に懐かしく若いころを思い出しました。

いい写真を見せていただきました
有難うございます。

間取作造|2012/10/01|edit
コメントありがとうございます!

>しょうげん 様

ただの無節操なブログですよ?w
面白いといってくださり、ありがとうございます^^

リンク、ありがとうございます。
コチラも貼らせて頂きますね!

今後ともよろしくお願いいたします^^


>右肩 様

なかなかな雰囲気の水道橋でしょう!

琵琶湖疏水、少しだけ聞いたことはあったのですが、
こんなに本気なものだとは思っても見ませんでしたw

琵琶湖と京都は、山を隔てていますが、すぐと言えばそうかも知れません。
しかし結構凄い工事だったとは思いますよ!


>ロン 様

な、なるほど・・・
マズイことで有名なんですか・・・w


>あんず 様

こんばんは^^

見た目より新しいのですよ!
僕もそこは少しがっかりしましたw

確かにヨーロッパ風のアーチ、綺麗ですよね^^


>間取作造 様

疎水のことをろくに知らなかったので
色々と勉強になりました!

僕の写真なんてまだまだです。
もっとまともに写真を撮れるようになればいいのですが・・・

火酒|2012/10/02|edit
no title

お!!行かれたのですね〜水路閣☆
私も行くまで全然知らなかったのですが、
けっこう大掛かりなことですよね〜高低差のために
線路ひいて運べるようにするなんて!
船が動く模型は、無駄に何回も見ました!笑

ひぃ☆|2012/10/09|edit
コメントありがとうございます!

>ひぃ☆ 様

いきましたよ~♪
あそこはいいところですよね^^
なんというか、ロマンや執念や色々なものを感じました^^
ホント、あんな大掛かりなものを作ってしまう先人には敬意を覚えます!

船が動く模型、楽しいですよねw
他にも電車やバスも・・・!

火酒|2012/10/09|edit

comment form

管理者のみ閲覧可能




Profile

火酒

Author:火酒


 基本的には、火酒の日常を。そして時には皆様のお役に立てるようなエントリも書ければいいかな、程度につづっています。

 ほぼ火酒の実体験ですが、特定避けのため、所々改変しています。もし特定した場合でも、気づかなかったコトにして下さい(笑)。

 一言だけでもコメントを頂ければ元気が出ます、火酒の何かのレベルがきっと上がります。


壁|д・) ソォーッ…

壁|∀・)Ξスッ
このブログをはてなブックマークに追加
壁|д=) ジー
FC2ブログランキング
壁|ロ゚)ハッ
Counter
About 道しるべ

 ”道標(みちしるべ、どうひょう)”とは、目的地までの距離や方向を示すために設置されたもの。マイルストーン、一里塚、Milestone。by Wikipedia。
 ですが、このブログはただひたすらに迷っている火酒が、書きたいことを書き連ねているだけですw
 ここに書き連ねた”記録”が、いつか僕の糧になる。勝手にそう信じながら。
 管理人への連絡についてですが、メールアドレスを公開します。michishirube☆kasyu.net(☆→@で)。もし連絡したい状況になったらお使いくださいb
Links
 当ブログはリンクフリーです、そして相互リンク募集します。”原則”受け付けられますb
 リンクについて、詳しくはコチラのエントリをお読みください。
 また、このブログをリンクに簡単に追加するためのリンクはコチラです(FC2限定の機能となります、悪しからず・・・)。

→このブログをリンクに追加する
Diary
Everything
RSS URL
最新エントリのRSS URL


最新コメントのRSS URL


最新トラックバックのRSS URL
All Links

Click to expand





Information

 かねてから僕が運営していたRedStoneの★BACCARAT★ギルドサイトですが、この度、勝手ながら閉鎖させて頂きました。関係者の方々、散々放置してしまっていて申し訳なかったです。
 この跡地に、新たなサイトを立ち上げます(RedStone関係無いです)。まだまだ構想中ですが、これから公開できるよう、整備を行います。
 2012年、1月1日

 新たなサイト 道しるべ を開設しました。これからコンテンツを充実させていきます、よろしくお願い致します!
 2012年、4月21日

copyright © 道しるべ. all rights reserved.
copyright © 2004 powered by FC2. all rights reserved.
javascript by Harukiya Archives. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。