道しるべ

火酒とは・・・ ジン、ウォッカ、ラム、テキーラといったスピリッツと呼ばれる酒を指す。 そんなことは全く関係ないこのブログ


top

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


古い洋書


 こんばんは、火酒です。昨日のエントリは、少し我ながら色々と言葉が過ぎましたね、政治経済系の話を入れると殺伐としてしまう。それを踏まえて、考えながら文章構成をするのがああいった系統の話をする目的だったのですが、もう少し気持ちを落ち着けて、記述できるようにならなければですね。

 さて、古い洋書が届きました。

2012113001.jpg

 なかなか大きな本です。年季の入っていそうな古そうな本。革表紙に金文字がこれまたいい味を出しています。

2012113002.jpg

 この本、実は・・・

2012113003.jpg

 MacBookAirのカバーだったりしていますw

 しかし転職を機にMacを入手しましたが、だいぶ昔と勝手が変わっていますね。とは言え僕が前に触っていたMacはOS8.0が最後だったと思いますがw

2012113004.jpg

 使いこなせるようになるかはまだまだこれから。ちなみにこの写真、キーボードをよく見てもらうと、平仮名表記がなかったりします。これはオプションで、マニアックにもUSキーボードを選択したため。
 文字キーの配列はほぼJISと一緒ですが、その他のキー配列は微妙に異なっています。半角/全角キーとかはありません。これも入力切替のショートカットやら、入力設定を調整後、慣れるまでに時間がかかりました。

2012113005.jpg

 カプリコ。最後に食べたのがいつだったのか全く思い出せませんが、お店で見かけたが最後、思わず入手していました。これもたまに食べると美味しいですねw

 そんな火酒の道しるべ

スポンサーサイト


やっぱりマスコミは茶番劇


 こんばんは、火酒です。さて、今日のエントリは少々天秤が不安定に触れまくっている内容になっています。ちなみに政治に関連した感じの。なので、こういったエントリが苦手な方は、エントリ下部の写真までスクロールしてしまってください!そこはほのぼの系になっていますゆえにw

 はやいもので、衆院選まで20日を切ってきましたね。テレビやその他メディアでは連日、選挙や政治家の動向等を報道していますが、なんだか街中には薄ら寒い空気が流れている気がします。この違和感は何によるものなのかと考えた時に、政治家たちのその場発言、そして茶番劇としか思えない討論、答弁があるんじゃないでしょうか?

 自民党がひとまず公約に掲げているらしいのが経済対策。そのために量的緩和を行おうとしているらしいですね。現在、長期デフレ下にある日本経済を軽いインフレに持っていく。ちなみに好景気と言われる状態は、インフレ率が3%程度にあることが多いらしいです。

 で、そのインフレ政策がお気に召さない様子なのが民主党。曰く、お年寄りの資産が目減りする。曰く、土地や株を持っている人だけが得をする。

 インフレとは何か、物価や給料が上がる状態、と言えばその通りですが、より端的に言うと「お金の価値が下がる」状態にあること。ではデフレはその逆で「お金の価値が上がる状態」にある。
 お年寄りの資産が目減りする、ですからコレは正しいです。例えば1000万円の預金があるお年寄りを考えた場合、1年で10%のインフレが起こった場合、預金の額面額は1000万円で変わりませんが、価値としては一年前と比べると900万円くらいになります。
 土地や株を持っている人が得をする。これもまぁ。ただ、インフレで土地や株の値段が上がるのは、先程も述べた通りお金の価値が下がるから。土地の価値なんてそうそう変わるもんじゃありません。
 インフレが加熱してハイパーインフレになる懸念について、これはきちんと増税するなりして回収すればいいわけだと思うんですよね。世界でよく見られるハイパーインフレって、お金をばらまくだけばらまいて回収しなかったから起きたんじゃないかと思っています。
 増税の方法もまぁ、所得税増税が無難だと思います。いみじくもお金の価値が下がるわけですので、消費税を増すことは預金で生活している方々を更にイジメルことになりかねませんし。

 では、インフレで誰が特をするかというと、今まさに働いている世代ですね。働いている人に回る額面価格が増加し、流通している通過の比率があがる。その結果給料が上がり、消費意欲も上がる。これが景気が良いという状態ですし。
 僕はここしばらく景気が悪いと言われているのは、流通している通過の比率が低すぎるからだと思っています。もちろん、流動性を上げることは危険を伴います。端的に言えば海外に資金を吸い上げられる可能性がある。そこは最初からきっちりとした防波堤を築いておく必要があると思いますが。
 ・・・まぁ、証券取引や株や土地の取引を、状況を見てきちんと締め付ける。これだけでだいぶ抑えられると思うのは素人意見でしょうか?

 で、この量的緩和に反対な人がまだいて、一人は日銀の白川総裁。この人は「円が高い=強い=素敵」くらいな考えしかなさそうな印象です。資産家だったら反対する理由はわかりますけど、その場合は軽蔑の目線しか向けられませんね。
 もう一人、経団連の米倉団長。このニュースを見た時にはもうなんというか・・・、経団連といえば行き過ぎた円高の是正を求めていたのは記憶にあたらしい所です。そして量的緩和は円安に振れる方向性を持つわけで・・・
 ただこの人の場合、色々と繋がったと思ったのはTPP。やたらめったらTPPを奨めている人ですが、そのためにも円安のほうがいいはずなんですが・・・、円高+TPPを利用して、海外で安く製品を作って日本で売るつもりだったな、こいつは。
 日本から富が流出しようとも、自分さえ良ければいいと考えているとしか思えません。
 というわけで邪推。この人の人となりを邪推してみますが恐らく、自分と自分に近い人以外はどうでもいい。自分の会社は大切だけど、下請けは叩いてなんぼ、という考え方じゃなかろうかと。
 更にいうと選民主義でも持っているんじゃないかな。農業のTPP反対は勉強不足とだけしか言わずに、討論なんてしてないでしょうし。
 要は、自分の意見に賛成の人=良い人。反対の人=愚者、とでも思ってるんじゃないかな。

 さて、茶番劇に話を戻します。滋賀県知事が新党を作ったらしいですね、確か「未来の党」。環境保護の観点からとか何とかありましたが、まずは目下の大津いじめ自殺事件に集中しろよ、と言いたくなります。目の前のことに対処もできずに、でかいことに対処できるはずがないでしょう。この人が教育現場のいじめ等に切り込む、というのを全面に出してたら色々と納得だったのですが。

 さて、なんだかひたすら強い口調になってしまいました。まぁ、各マスコミも情報煽動、情報操作に忙しいようですから、ここらあたりで反発意見を爆発させても構わないでしょうw
 ちなみに昨日の状態では、毎日新聞の記事が酷いですね。どうやらひたすら某党党首(以下A)を批判するような内容になっています。ちなみに朝日はまぁいつものことです。
 某テレビ局は出演者にAを非難する内容のコメントをしろ、というお達しがあったそうです。もう、なんというか・・・ほんっと、腐ってる。


 さて、なかなか殺伐系のエントリになってしまいました。僕の意見も僕の主観であり、ひとりよがりなものであるというのも認識しているため、ツッコミ等をお待ちしております。
 しかしこの殺伐としてしまった気持ちを落ち着かせるのはやっぱり甘いモノでしょう。というか僕、糖分とカルシウムが不足してるとかかもしれませんw

2012112901.jpg

 久々にハーゲンダッツ クレープブラッセ ショコラ フワンポワーズ。フランポワーズですよ、フランポワーズ。なんだかフランポワーズって分かっている人が頼むみたいな、高級感があるみたいな、僕の中で結局良くわからないイメージになっています。

2012112902.jpg

 この袋がスムーズに開く方式ってやっぱり素晴らしいですね。これを考えた人はすごいと思います。

2012112903.jpg

 ショコラ フワンポワーズ。なんだか物凄く美味しかったです。さすがはフランポワーズ(謎

 この間、ゴディバのアイスの話がありましたが、やはりなんというか餅は餅屋。ハーゲンダッツはさすがでした!

 そんな火酒の道しるべ



引越し


 こんばんは、火酒です。今日のトラックバックテーマはこちら「自分の街や国を作るならどんな名前をつける?」
 そらもう、Spirytusでしょう!と書いてみたものの、今ふと思いついたものです。しかしコレ以上わかりやすいものもないんじゃないかなとw

 さて、色々あって大阪を後にした火酒ですが、その引越の時の様子でもエントリにします。その前に、先のエントリで熊野本宮大社に行きましたが、その時に入手した御守を紹介していなかったので紹介をば。

2012112801.jpg

 日本第一大霊験所 熊野本宮大社。綺麗な鈴の御守を入手しました。見る角度、光の入り具合によって輝きを変化させます。

 さて、地元の関東への就職を決めた火酒ですが、なんだかんだで大阪でも色々とモノが揃いまくった結果、引越しはこんな状態になっていました。

2012112802.jpg

 これでも段ボール箱が全部じゃないというところが恐ろしい。というか一人暮らしのくせして、我ながらモノがありすぎです。僕の場合、捨てられない正確というのもあるのですが・・・

2012112803.jpg

 ゴミ箱をどう梱包しようかと途方に暮れていたトコロ、クロネコヤマトもおっちゃんが段ボール箱を切って貼ってを開始。即席でこんなハコが出来ていました。
 それにしても引越し屋の人というのは凄いですね。液晶テレビは段ボール箱二つを解体してしっかりと梱包してくれましたし、パソコンもしっかり緩衝材に包んで、というのを短時間であっさりとやってしまうのですから。

2012112804.jpg

 PLAYSTATION3 実はコレ、FF13エディションです。筐体自体はまだまだ問題ないのですが、カタは初期と同じ為、でかいし重いし排熱がウルサイ。というわけで売却処分の道を。

2012112805.jpg

 もう、この窓から外を見ることもないんだな、と思いつつ。

2012112806.jpg

 さらば、大阪。

 しかしなぜなんだろう、この部屋を去る段階になっても、何の感慨も郷愁も胸に去来して来なかったのは。年をとるにつれ、色々と感じにくくなってしまったのでしょうか?

 そんな火酒の道しるべ



アイスクリームトリュフ


 こんばんは、火酒です。今日のトラックバックテーマ「ロボット、機械にやってもらいたいことは?」
 もちろん・・・、面倒事全て!炊事洗濯掃除にお仕事まで、そして僕はグータラな生活を極める!! という近未来の話で、自我を持ったロボットが・・・というのはSFにありがちな展開ですねw

 さて、結構久々にコンビニネタですが、コンビニをウロウロしていたらこんなものを見つけまして。

2012112701.jpg

 GODIVA アイスクリームトリュフ ダークチョコレート。そう言えばゴディバが高級アイスを出していたという話は入手していました。

2012112702.jpg

 空間を贅沢に使ったそこには、二つのアイスが鎮座しています。そのお値段、なんと二粒で399円。ハーゲンダッツを量で下回り、価格で上回るとは・・・なかなか色々と挑戦的な感じですねw

2012112703.jpg

 で、こういったネタ的なものには激しい反応を見せてしまうのが火酒なわけで、同じくゴディバ アイスクリームトリュフ ストロベリーホワイトも入手。

2012112704.jpg

 高級感を噛み締めながら思ったことは、僕の残念な舌の場合、pinoとかで十分かなぁ、とw

 そう言えば世の中は天皇誕生日とか、天皇誕生日の次の日とか、天皇誕生日の次の次の日とか、年末年始に向けて動き出しましたね。
 それにホームセンターにはツリーに加えて大掃除用品。コンビニには年賀状がお目見え。早くも年の瀬ムードですが、ついこの間11月に入っていたと持っていた火酒がいます。もう最終週じゃないか・・・。
 来月下旬には冬至を迎えます。もう、日が長くなっていくんですよ、信じられますか?? もう少し時間がゆっくりと流れて欲しいなぁ。

 そんな火酒の道しるべ




新東名


 こんばんは、火酒です。今日のトラックバックテーマはこちら「一ヶ月の電話代はどれくらい?」
 電話代と見るか通信費と見るか、それによって解が変わってきますが、純粋な電話代だけで見たら僕の場合、500円も行ってないと思います。というかケータイを一番軽いプランにした上で、無料通話が繰り越されまくるパターン。
 通信費と見た場合ですが、最近はパケットもダブル定額下限に張り付くようになったため、安く済んでいます。おかげで・・・2000円行ってないんじゃないかなぁ、携帯だけで見ると。

 さて、最近気合の入らない更新になっていましたが、リンクの申請されていた方々、反映完了しました。遅くなってしまって申し訳ありませんm(_ _)m

 大阪から群馬への家路旅。前回は伊勢神宮の話をしましたが、今回は名古屋からスタートです。

 最初の予定では、少し岐阜まで戻って岐阜を日本海まで縦断。敦賀やらなにやらを通って新潟から関越道、というルートを取ろうとしていたのですが、いくらなんでも時間がかかりすぎるのでおジャンに。
 そうなると名古屋から東名→中央道→長野道→上信越道というオーソドックスなルートかなぁ、と思っていたのですが、もう一つ楽しそうなルートがあったことを忘れていました。
 それは、東名→新東名→圏央道→関越道。そう、新東名です。

2012112601.jpg

 というわけで新東名を走っていたわけです。そして最初に入ったパーキングエリア、浜松。

2012112602.jpg

 浜松、YAMAHA繋がりでしょう。建物の形がグランドピアノをイメージされています。ちなみに建物内のテーブルがト音記号のカタチだったりするのがまた楽しい。しかしこれでサービスエリアじゃなくてパーキングエリアですからね、PAとSAの違いって一体何なんでしょうか?

2012112603.jpg

 なんだか美味しそうなものが売っていました。三ヶ日、みかんクリームクッキーシュー。

2012112604.jpg

 生地がクッキーみたくサクサクしています。そして中に入っているのはもちろんみかんクリーム。美味しかった♪

2012112605.jpg

 さて、新東名を東に進むと、大写しになる富士山。一応念のため書いておきますが、助手席からの撮影です。

2012112606.jpg

 そしてたどり着いたのはなんだか中世ヨーロッパを思わせるここ。

2012112607.jpg

 駿河湾沼津。こちらはサービスエリア。だからSAとPAの違いって何さ(しつこい

2012112608.jpg

 ココに到着したのはお昼少し前。ちょうどタイミングが良かったので腹ごしらえにと思っていたら。何と5色丼。ネギトロ、シラスにカニ、ウニ、イクラ! タマゴとガリはノーカンですよね?w
 結構すごいボリュームで、非常に満足。

2012112609.jpg

 駿河湾が眼前に。高速道本線の先に住宅街が見えますが、この間に東名が走っているはずです。

2012112610.jpg

 鐘。 光は影の 影は光の 果てまでついていくのだろう♪ なんとなく、思い出してしまいましたw

2012112611.jpg

 ここは新東名じゃないのですが、談合坂SA。物凄く由来が気になります。

2012112612.jpg

 談合坂ロングソフト。高さ実に17cm。とりあえず発見して、ネタ的に行くしかない!というわけで入手しましたw
 味は普通にバニラです。というかバニラを食べたのが久々なため、なかなか新鮮・・・w

 というわけで、此処から先は順調に帰り着きました。まぁ途中小仏トンネルで大渋滞にはまったり、関越合流直後にも渋滞にはまったり、対向車線が大渋滞していたり、覆面に捕まっている車を見たりと色々ありましたがw

 さて、これで旅ネタ全て放出。次は何処で拾ってこれるかな。

 そんな火酒の道しるべ




ビブリア古書堂の事件手帖


 こんばんは、火酒です。三連休、寝て食べて寝て、ボケっとして寝るというコンボどころかチェインコンボをモロに食らってしまった火酒がいます。色々なことにスイッチが入らないろくでもない連休になってしまったのですが、そんななか、何とか読書をしてみたので紹介を。

2012112501.jpg

 本屋大賞ノミネート作品、ビブリア古書堂の事件手帖。鎌倉の片隅にある古書店の店主と、主人公の青年が、本にまつわる事件を解き明かしていくストーリー。

2012112502.jpg

 感想を、とも思ったのですが、なんだろう。とりあえず引きこまれたことは確かです。しかし、人死にの出ないミステリーというのはなかなか安心して読んでいられるものですねw

2012112503.jpg

 古書堂を舞台とした話だけあって、色々な本が話の中で触れられます。心象スケッチとか有名ドコロや、その他もろもろ。それらの作品も読んでみたくなるから不思議ですよねw

2012112504.jpg

 だんだん寒くなって来ました。体を温めるのと、アルコールを摂るのを両方満たそうと思ってコンビニでこいつを入手したのですが・・・
 はっきり言って、不味かった。飲むのが苦行に・・・

2012112505.jpg

 期間限定明太マヨ味のかっぱえびせん。明太マヨって何でこんなに美味しいんでしょう♪

2012112506.jpg

 ハッピーターンのちょこっとチーズ味というのも発見。気づいたらあっさりとすっからかんになってしまいました。

 そんな火酒の道しるべ




伊勢神宮


 こんばんは、火酒です。ちと更新がサボりがちになってしまっております(・_・;) まぁ、無理はせずに、適当に。

 さて、和歌山を抜けるコースを前回からとっている火酒ですが、紀伊半島ルートから抜けた先はご存知、伊勢神宮。

 ここも既に僕にとって馴染みが深い所になっていました。多分このブログ上を探すだけでも、4回は来てるんじゃなかろうかと思いますねw
 神宮本体も行ったのですが、こちらは何回かリポートしてます。なので今回のリポートは食べ歩き主体と参りましょう。

2012112301.jpg

 とりあえず松阪牛串。500円でも躊躇なく手にしてしまう辺り、観光地って感じなんでしょうか?w

2012112302.jpg

 手こね寿司。何回も伊勢に来ているのにもかかわらず、コレを口に入れるのは初めて。

2012112303.jpg

 デザートのわらび餅が嬉しいですね^^

2012112304.jpg

 ご当地ソフト、お豆腐ソフトを発見。見た目は完全にバニラですが、なるほど確かにお豆腐。

2012112305.jpg

 そして無茶苦茶気になったのがこれ、鶏の丸焼き。気になる・・・

2012112306.jpg

 おみやげには伊勢うどんを調達。お店で食べ抵抗かと思ったのですが、お腹の容量が限界っぽいような雰囲気を醸し出していたため諦めました。
 家に帰ってからゆっくりといただきましたが、コシのほぼないうどんというのもなかなか新鮮ですね!

 そんな火酒の道しるべ




花の窟神社


 こんばんは、火酒です。今日のテーマはコチラ「どんなネットサービスにお金を払っちゃう?」
 主に通販ですね。店頭で確認して、とやりたいのはやまやまなのですが、僕が欲しがるものは大抵店頭にないという。結局通販頼みになることが多いですw

 さて、紀伊半島南回りルートの続きです。前回のエントリはコチラを見てください

 前回は熊野本宮大社を訪れました。そしてそこから山越えコースで海岸線に出るルートを取った火酒ですが・・・
 片側ほぼ一車線の見通しの悪すぎるうねった道路を通っていたのですよ。そしたらいきなり渋滞にハマり、何事かと思いきや、まさかの集中工事で通行規制。何と一時間で10分間のみの通行時間が設定されていました。
 しかも到着した時間がタイミング悪く、これから45分待たなきゃいけない状況。なので・・・

2012112101.jpg

 近隣の散策をしていましたw なんだか都合よく細い道があったので、車を離れてテクテク歩いていきます。そしたら・・・

2012112102.jpg

 なんだかのどかな集落?に到達。見渡す限り山に囲まれていますが、都会の喧騒からも隔絶されているのはいいですね。通販が届いて、お金の心配をしなくていい状況ならば、こういった暮らしにも憧れますw

2012112103.jpg

 さて、気を取り直して山越えルート。そして海岸線まで出てきたトコロ、目に入ってきたのが花の窟神社。

2012112104.jpg

 いわゆる巨岩信仰。こういったものにも神々しさを見出す。やっぱり日本人でよかったって思いますねw そう言えば「信仰者のいる偶像は全て破壊する」、と言ったイスラム過激派の指導者がいましたが・・・、コーランはどうなるんだよ?と、思いっきりツッコミを入れてしまいました。

 ここで祀っている紙は、イザナミ、カグヅチ。何というか有名ドコロですね。カグヅチは火の神、というイメージが強いですが、イザナミはなんだろう?日本そのものを表している感じなのでしょうか?

2012112105.jpg

 そしてここ、世界遺産の一部として登録しています。そのためか、ちょっとした敢行スペースみたいのができているのですが・・・、なんだかやっぱり世界遺産のバーゲンセールって感じで、どうかと思いますね・・・

2012112106.jpg

 花の窟神社から海岸線へ。神社の岩から海岸の岩へ、長い縄がかけられていたそうなのですが、震災の影響で壊れてしまっているとのこと。こんなところにも影響が・・・

 そんな火酒の道しるべ




熊野本宮大社


 こんばんは、火酒です。今日のトラックバックはコチラ「好きなせんべいの味は?」

 醤油でもサラダでも唐辛子でもなんでもござれ、というわけで割とどの味も好きですw


 さて、生活環境の変化で、大阪を後にした火酒ですが、一先ずは実家に帰ることになりました。しかし、まっすぐ家路へというのはなんだかもったいない感じがして・・・

2012111901.jpg

 使ったのは和歌山南回りのルート。紀伊半島を通って行くコースを選択してみました。

2012111902.jpg

 で、お目当てはコチラなわけです。ここは・・・

2012111903.jpg

 熊野本宮大社。是非ともコチラにいるうちに行っておきたかった場所の一つです。ここを訪問したことで、伊勢神宮、出雲大社、熊野本宮大社に参拝したことになります。我ながらよくやったなぁと思いつつ。

2012111904.jpg

 此処から先は神域、撮影禁止エリアです。しかしなんだか、神々しさのレベルが他と違う・・・

2012111905.jpg

 お参りしてから気づいたのですが、参拝には手順があるそうです。これを完全に無視して参拝してしまった火酒の運命やいかに・・・

2012111906.jpg

 そして熊野本宮大社にも熊野古道が通っています。

2012111907.jpg

 そして大斎原。

2012111908.jpg

 とてつもなく大きな鳥居が迎えてくれます。実は熊野本宮大社は、かつてこの奥にありました。1889年の大水害で破損し、それから高台にある現在の位置に移されたとか。

2012111909.jpg

 そしてここは川の中州に位置しています。今でこそ橋がありますが、昔は橋がなかったそうで。川をその足で渡ることで、身を清める。そういった構造になっていたそうですね。

 そんな火酒の道しるべ




生活環境


 こんばんは、火酒です。街はもう年の瀬ムードとなって来ました。クリスマスにお正月、そして決算セール等々が始まりましたね。・・・もう少し、時がゆっくりと流れてほしいものです。

 さて、僕の生活に関して、気づいている方は気づいていると思うのですが、色々と明かすと大阪と名古屋で二重生活をしていました。仕事の関係上、ここを行き来することがやたらと多かったわけです。
 なぜそれを明かす気になったかというのも単純で、その生活に終止符を打ったから。時期はぼかしたままにしておきますけれど。

2012111801.jpg

 僕は元々群馬の人間です。色々あって関西にいましたが、転職活動ついでに関東に戻る道を模索していました。しかし、新幹線の最終便なんて初めて乗った。9時台の新幹線が最終便というのもまた驚きでしたけれどw やっぱり東海道というのは長いんですね~

2012111802.jpg

 名古屋名物、えびふりゃ~やら

2012111803.jpg

 ひつまぶしやら。ひつまぶし、初めて名古屋に来た時にこれを”ひまつぶし”と読んで、この”のぼり”を掲げていた店をカフェだと思ったのは記憶に強く刷り込まれていますw

2012111804.jpg

 そしてきしめん。名古屋のきしめん屋でかなり美味しい部類に入ると言われるお店は実は新幹線ホームにあったりします。きしめん住よし。

2012111805.jpg

 完全立ち食いで、客の回転率も相当なものなので、ゆっくりと味わいながら、というのは難しかったですが、評判通りなかなか美味しかったです。

2012111806.jpg

 大屋根が完成した大阪駅。工事中から見てきた風景ですが、コレも見納め。

 そんな火酒の道しるべ




桜宮サーガ


 こんにちは、火酒です。衆議院、解散しましたね。なんともバタバタゴタゴタしそうな年の瀬が待っていそうです。

 さて、久々に桜宮サーガを読んでいたので。最初に断っておきますが、僕の感想は少しネタバレをするようにしてみています。これから読むので、少しのネタバレもイヤだ、という方は回れ右、ということでここは一つw

2012111701.jpg

 ジェネラル・ルージュの凱旋。救急医療をモチーフにした作品です。医療現場に転がっている闇を描いた作品。
 田口のもとには匿名の告発文書が届いていた。それは救急救命センター長が不正に手を染めているということ。そして表面化する院内の何も決まらない会議に、アホらしい権力闘争。

 医療を志す人というのは、外部からの視点になりますがまず、「人を助けたい」という思いがあると思うんです。そしてそれは社会が支えて行かなければならない。しかし、医療を金食い虫として、合理化の波に晒すとどうなるか。
 肝心なときに人を救う。それが医療のあるべき姿だと思う。そして、肝心なときに人を救えるように、医療技術の進歩や研究、設備の整備などもまた、外せないと思うんですけどね。

2012111702.jpg

 そしてジェネラル・ルージュの凱旋の直後のエピソードがコチラ、螺鈿迷宮。これは終末期医療についてですが、こちらについても合理化による余波が語られている印象。終末期医療もカネや時間がかかる、ならば死にたいと思う人を無理に引き止めることもない。確かに正論な気がしますが・・・

 ちなみに言うと、ナイチンゲールの沈黙とジェネラル・ルージュの凱旋は同時期のエピソードでしたね。一気読みしておくんだったぜ・・・

2012111703.jpg

 なんだかブルーベリーチーズケーキのアイスバーがあったので入手しました。ブルーベリーにチーズケーキにアイスって、美味しい×美味しい×美味しい=凄く美味しい!という計算式に、珍しくハマっているような気がしますw

2012111704.jpg

 ベリーがまるごと、美味しかった♪

 そんな火酒の道しるべ




眼精疲労に


 こんばんは、火酒です。明日16日に衆院解散の報が飛び込んできましたね。個人的にこの展開は少々予想外でしたね。衆院選は来月16日(予定)ということで、なかなか忙しい年の瀬になりそうです。まぁ、翻す可能性は本気で否定できません、条件とかつけてましたし。

 さて、皆さん日々モニタ作業とかをしてると思うんですよ。というかこのブログはモニタ越しじゃないと見えませんし!
 そんなわけで視力が、という方が多いと思います。僕もその例に漏れず、視力低下に戦々恐々としているたぐいの人間ですが。

 一応僕、まだ裸眼で通しています。運転免許の前回更新時はギリギリだったらしいのですが・・・。ただ、日々モニタを見つめる作業をしていると、どうにも視力が低下しているようなので・・・

2012111501.jpg

 パイルズEX。眼精疲労といえばキューピーコーワゴールドが有名な気がしますが、薬局に行ったらこれも陳列されていたので。深く考えて選んだわけじゃありませんがw

2012111502.jpg

 一日三錠。とりあえず、続けてみます!

 しかし最近、体に方が出始めてしまっているのが悲しいですね。この間普通に歩いていたら膝が悲鳴を上げまして・・・、コンドロイチンを摂ったほうがいいのかなぁ、軟骨が磨り減る前に、予防的に。
 ちなみにコンドロイチン、腰の痛みに悩む友が使ったそうなのですが、本気で効くらしいですねw

 そんな火酒の道しるべ




大津いじめのその後


 こんばんは、火酒です。なんだかいつもどおり、政治はグダグダな状態ですね。そして政治に負けず劣らずグダグダなのが・・・

 大津のいじめ事件、その後少し下火になっていますが、どうなっているのか見てみたところ・・・、まだグダグダしてるらしいですね。尾木ママが頑張ってくれているそうですが、あそこの教育委員会と、警察やらが未だに妨害しているそうですね。
 ・・・当時の校長やら担任やらは、未だ逃げまわってるようです。しかしまぁ、そう都合よく体調不良になるかっての。

 で、大津市議会がいじめ防止条例案を作ったらしいですが、市民から否定的な意見が寄せられているとか。「いじめを発見した場合(疑いも含む)及び友達から相談を受けた場合は家族、学校に相談する」という一文が問題視されているそうです。

 さて、邪推を開始します。まず、否定的見解はどういうところがあるのかというと、学校がスパイの場になるという人権的な問題。というのや、苦しんでいる子供の内面に踏み込むため、更に追い詰めることになる。というもの。

 なんだか僕のピントがズレているのかも知れませんが、おかしな理由に感じます。

 まず、学校がスパイの場になる、という主張ですが、いわゆるチクりが横行する、また、相互不信に陥りかねないことを危惧しているのかもしれませんが、そう考えるには前提がおかしいのではないかと。たとえ学校がスパイ天国になったところで、悪いことをしていなければ何ら問題がないということを忘れてないでしょうか?
 陥れられる可能性こそありますが、それを周りがいじめときちんと認識すれば、陥れた側の立場が悪くなるだけです。そこに何の問題があるのでしょうか?

 次に、苦しんでいる子供の内面に踏み込むため、更に追い詰めることになる。要は気づかないふりをしろと?この場合、いじめを受けている子供を追い詰めることになる可能性として、チクられた側がいじめをエスカレートさせる以外はほぼ無いでしょう。何故かというと、人って心のなかに色々溜め込んでるより、吐き出したほうが楽だと思う。心の中身を吐き出させることが、子供を追い詰めることになるという論理はおかしい気が・・・

 さて、まずは条例に反対する意見に対して邪推を行なってみました。皆さんの意見も是非とも知りたいのでコメントを残して頂けると嬉しいです。同調意見でも、反目意見でももちろん構いません。あくまでエントリは僕の狭窄視野で記述されるので、他の視点での意見がほしいのも事実です。

 では次に、条例自体に欠陥があると考えられてるんじゃないか、という邪推。というか僕が気になったのですが、このフレーズです”家族、学校に相談する”。

 大津のいじめ事件については、被害者のご両親は被害者が自殺する前に学校に相談しています。コレが全てを物語っているんじゃないかな、と。つまり「学校は対応してくれないどころか、事態を悪化させる」と。あまつさえ、事件をもみ消そうとした感じですしね。
 学校が役に立たないとは言え、ここの警察も動きませんし、教育委員会に至っては無いほうがいいくらいの存在ですし。そう考えると、そもそも子供が過ごすには向かない土地なんじゃないかとすらも思いますね。近隣の方には不快な発言をしてしまいすみません。先に謝罪いたします。

 なんだかもう、加害者側も特に罰せられずにのうのうとしているわけですし。社会的な罰は受けているだろうとは言え・・・

 しかし日本は少年犯罪に甘いですよね。今回の大津の事件、完璧に自殺を唆してますし。自殺の練習とかふざけるな。それがじゃれあいで済むなら、大津の教育長に殴りかかった大学生もじゃれあいで済むはずですよね。ハンマーで殴ったとのことですが、凶器が見つかったという報道は未だ結局見てないし。もう、襲われた騒動自体がガセだったんじゃないかとすら思ってしまいます。

 例え今回のことが罪に問われたとしても、少年法という悪法が立ちふさがります。更生の余地がどうこう言ってますが、何歳だとしても犯罪は犯罪。等しく罪に問われるべきだと思うんですよ。そこに年令による酌量の余地を求めてしまったがために、それを”知っている”人達は利用しようとしますし。
 個人的には少年法は廃止したほうがいいと思います。ただ、更生の余地が、という話も少しはあっていいと思うのも確かなので、こんな法律にすればイイかもしれません「15歳以下の犯罪は、刑の一部を保護者が肩代わりすることが出来る」とか。
 子供が遊び半分で友達を川に沈めて水死。懲役3年の判決が出たとしたら、子供の懲役を2年にして、保護者が懲役1年を肩代わりするとかね。そして前科は子供と保護者に、両方につける。

 あと、少年犯罪に関係無いですけど、”精神鑑定”ってどうかと思うんですよ。最近の事件を考えると、なんだか精神鑑定が免罪符みたいになっている気がして。逮捕されたら大抵の人が精神鑑定を申請してるんじゃないでしょうか?
 この結果「当時判断力に問題があり」とかで酌量されるような事を聞きますが、正直そんな人が野放しにされるのは逆に怖いですし。
 精神鑑定の結果、本当にどうしようもない状態というのもあるかも知れません。しかしそれを悪用しようとしている人も多すぎる気がする。個人的な意見では、しっかりと治療をした上で、罪を償わせるのが正当だと思うんですよね。
 例えば、懲役3年の判決、ただし、当時の判断力に問題があった。とするならば、例えば治療に2年かかったとして、その後に改めて懲役3年を課せられるべきだと思う。

 日本が犯罪者天国と言われる理由はこの辺にあるんだと思うんです。犯罪が多いとか、犯罪し放題という意味ではなく、犯罪者に対して甘い。
 ・・・個人的な極論を振りかざしましょう。僕は犯罪者が更生する可能性は限りなく0%だと考えているタチの人間です。犯罪者はどこまで行っても犯罪者。それ以外の何者でもない。
 そして犯罪者は他人の権利を侵害している事が多いわけですから、犯罪者の人権は制限されてしかるべきだ、とね。

 正直者が馬鹿を見るようなこの世の中ですが、早いトコロ”誠実者がいい目を見て、不誠実者は罰を受ける”ような社会になってほしいと思いつつ。

 そんな火酒の道しるべ



東北観光 松島


 こんばんは、火酒です。ぶらり旅、東北観光編でを、長らくお伝えして参りましたが、今回にて最終となります。今回訪れたのは日本三景の一つ、松島。前回のエントリはコチラを見てください

 ですがその前に腹ごしらえを!

2012111301.jpg

 日高牛の牛串に・・・

2012111302.jpg

 肉巻きおにぎり”ばくだん”。ばくだんってネーミングは結構昔からありますが、最近このネーミングってどうなのさ、と考えてしまう火酒がいます。時勢の影響ですかね~

2012111303.jpg

 さて、たどり着きました。日本三景の一つ、松島。霧の松島とも言われるところですが、残念ながらなのか幸いというべきか、この日は霧に覆われていなかったです。

 松島といえば点在する島々に、その島々の岩肌ですね。クルーズ船も出ているので、その気になれば一日楽しめるコースになるのですが、今回は時間の都合上岸壁からのみの観光です。
 実は松島、先の東日本大震災による津波の影響を受けています。その結果、点在する島々にも影響を受けたところがあるらしく、島の岩肌が破壊されてしまっているところもある模様。

 余談ですが、中尊寺の辺りからは陸前高田に抜けるコースがありました。浮かれた観光気分で行くのはどうかと思ったので寄りませんでしたが。
 東日本大震災、遠いようで近い存在。彼方で起きたことではなくて、あくまでも身近で起きた災害なんですよね。

2012111304.jpg

 カモメ。人馴れしているのか、ここまで近寄っても意に介しません。

 ここから先は高速を使って群馬へひた走るのみ。寄ろうと思えばまだ郡山とか会津、日光あたりに寄るコースもあるにはあったのですが、また機会があるだと言うということで。

2012111305.jpg

 おみやげは伊達絵巻。結構美味しかったです♪

2012111306.jpg

 先日の中尊寺を紹介した時にアップし忘れていたお守り。縁結び御守。最近の御守ラインナップを考えると・・・、我ながら写真を取りながら内心ツッコミを入れてしまった・・・

 そんな火酒の道しるべ




冬支度?


 こんばんは、火酒です。今日のテーマはコチラ「ペラペラになりたい外国語」

 英語ですね。なんだかんだで世界中どこでも通用する言語だと思いますし。しかしまぁ、英語を話せるようになりたいとはつねづね想っているわけですが、そのための努力ができない自分がいます。つまり、実のところ英語を話せるようになりたいと思っていない!?
 うーん、どうなんでしょうね?w

 英語圏っぽい観光客に話しかけられる度に「英語を話せるようになりたい」と思うのは確かですね。これが一過性となってしまっているのが火酒の問題点そのものだったり。

 さて、なんだかんだで寒くなって来ましたね。秋物のコートだけでは少々辛くなって来ました。というわけで先日から手袋が出番を迎えています。

2012111201.jpg

 まだこんな感じの薄手の革手袋。こんな手袋でも風邪を通さないだけで、だいぶ役に立ってくれます。しかしもう何年使ったのか、だいぶくたびれてきています。

2012111202.jpg

 マフラー。こちらはとりあえず出しただけですけれど、こいつの出番もそろそろかな、と。冬物のコートを出すのが先か、こいつを首に巻くのが先か・・・

 去年のこの時期には実は僕、既にスキーに行っていた気がします。とは言え完全人工雪の軽井沢プリンスですがw 気がついたらもうウィンタースポーツのシーズンも目前ですね! 今年は何回くらい行けるかな・・・

2012111203.jpg

 フルーツロールなるのものがあったので入手。食生活って、意識すれば野菜を取るのは容易ですが、フルーツを摂るのって結構ハードル高い気がします。お手軽にフルーツが食べれる!という感じでいたのですが・・・
 フルーツ、ロールケーキの芯にちょこっとあっただけだった。・゚・(ノД`)・゚・。

 そんな火酒の道しるべ




右手VS左手


こんにちは、火酒です。そういえば今日は11月11日。ポッキーの日だったかプリッツの日だったか・・・。やはりこういう日は売上が伸びたりするものなのでしょうか?w

 さて、久々に拾い物です。


右手と左手を戦わせてみた

 なんというか、こんなに短い動画にも関わらず、久々に笑わせてもらいましたw なんだかアホすぎて、色々なことがどうでも良くなってきてしまうという・・・w


 さて、今日のエントリは完璧にタイトル詐欺です。というか今日のカテゴリは「道しるべ」と実は迷ったのですがまぁいいや。タイトル詐欺した理由は完璧に「なんとなく」なのですが・・・w


 皆さんの周りには「才能のある人」っていますか?

 才能は、周りの人をボロボロにしてしまう。周りをズタズタに引き裂いてしまう。才能ある友達が、コンクールや何かに応募して、落選したことでホッとしてしまう。そういう経験が、確かに僕にも・・・


さくら荘のペットな彼女 第4話「色を変える世界」

 さくら荘のペットな彼女。学園ドタバタ系ラブコメだと思っていたのですが、なんだかんだで考えさせられる内容じゃないですか。
 やりたいことがあるはずなのに、何かと理由をつけてやらない。そしてやりたいことに突き進んでいる人に対して嫉妬する。人ってそんなもんですよね。
 「出ていく詐欺は聞き飽きた」目標を掲げながらそのための努力を何一つやらない。正直僕も心当たりが多すぎて、心の深いところをえぐられていくような感じを味わいました。

 自分のやりたいことに向かって一生懸命努力をする。ただそれだけのことで道は変わってくる。斜に構えて、理由をつけて、一見スマートに生きていくより、ただひたすらに正面から物事にぶつかっていくほうがよっぽどカッコイイ。あの時、いろいろな努力が出来ていたら僕の道も変わっていたのだろうな、と思いつつ。

 中学入学あたりに戻りたいって思いますね、今更ですけれどw


  この世界で誰一人、見たことがないものがある。
  それは優しくてとても甘い。
  多分、見ることができたなら、誰もがそれを欲しがるはずだ。
  だからこそ、誰もそれを見たことがない。
  そう簡単には手に入れないように、世界はそれを隠したのだ。
  だけどいつかは、誰かが見つける。
  手に入れるべきだった一人が、ちゃんとそれを見つけられる。
  そういうふうになっている。

 これは、だいぶ前に放映されたとらドラ!の一節ですが、これもなにかと考えさせられるものがありますね。


 そういえばこの間のエントリ「恋愛観」に対して、友よりチャット&リンクが飛んできました。


【MAD】 君と僕のキズナ (ソードアート・オンライン)

 ちくしょう、何処でこんなのを見つけてくるんだよ。



 そんな火酒の道しるべ



東北観光 毛越寺


 こんにちは、火酒です。今日のテーマはコチラ「いつか行ってみたい【秘境の地】はどこですか?」
 秘境の地か~、皆さんはもちろんグンマーですよね?ね??

 僕が行ってみたいのは屋久島かな、悠久の時の流れに身を任せてきたその姿を是非とも見てみたいものです。

 さて、東北観光編もだいぶ終盤に近づいて来ました。今回は平泉の続編ですね。前回は中尊寺に行って来ましたが、今回お伝えするのは毛越寺。

2010111001.jpg

 平泉の一角を成す毛越寺。中尊寺と比べると知名度が低いですが、一時期の規模は中尊寺をしのいでいたとか。

2010111002.jpg

 本堂。

2010111003.jpg

 毛越寺は特別史跡・特別名勝に指定されています。そしてここには広大な庭園が広がっています。この日は天候にも恵まれました。ちなみにこの時は東日本大震災からの復興作業中で、池の中で復興作業に伴う調査を行なっていました。

2010111004.jpg

 池のほとりに築山。イメージとしては海岸の岩肌をミニチュア化したもの。日本庭園といえば自然の美しさをミニチュア化して表現するような側面があります。そして借景等の技法がありますが、これは枯山水に通じつものがあるとか。うん、よくわかりませんw

2010111005.jpg

 ここ、毛越寺は学術的価値が高いそうなのですが、その理由の一つがこの遣水。平安時代に曲水の宴が行われたとのことですが、平安時代の様式がここまで残っているのは毛越寺しか無いとか。

2010111006.jpg

 関係無いですけど、この木、凄い育ち方をしたものですねw

 そんな火酒の道しるべ




東北観光 中尊寺


 こんばんは、火酒です。なんだかFC2のコメント投稿がバグっていましたね。ちなみに僕は昨晩から投稿不可能な状態でした。うーん、FC2は色々と使い勝手がいいのですが、サーバの安定性というか、こういった事があるのが難点ですよねw

 さて、ぶらり旅、東北観光編の続きと参りましょう。前回のエントリはコチラです。
 東北観光で最北の目的地、恐山を後にして、今度は太平洋側を下っていきました。ひたすらに、ただひたすらに。そしてたどり着いたその先は・・・

2012110801.jpg

 世界遺産平泉の一部、というか中核を成すと言ってもイイかも知れません。ひたすらに長く、結構急な参道を登った先に位置しているのは・・・

2012110802.jpg

 中尊寺。

2012110803.jpg

 そして中尊寺と言ったらとりあえずここですよね。居酒屋に行ったらとりあえずビール!という発言並みに確からしいルートだと思います。異論は認める。

 中尊寺金色堂。それは奥の白い建物内に存在します。この建物は覆堂と言い、金色堂を守る存在。調温、調湿その他設備が完備されています。
 内部は撮影禁止。なので感想だけですが、金色堂、なかなか見応えがありましたね。あそこまで見事に金色なのは凄いなぁ、という感想を抱くはずだと思ったのですが、先日行った金閣寺を思い出してしまい・・・w

2012110804.jpg

 これは旧覆堂。今の覆堂に比べると設備的に、というのはありますが、それを補って余りある魅力がここにはありました。それは建立年代。なんと、今から800年以上昔の鎌倉時代。その時代から物事の価値を見極め、保存してきた先人たちに敬意を表します。

 そしてここは松尾芭蕉「奥の細道」の舞台。ここで芭蕉が詠んだのは

 五月雨の 降り残してや 光堂

2012110805.jpg

 秘仏とやらが公開されていたので見てきました、こちらも撮影厳禁。印象は、仏教の原理に基づいたような仏様、といった感じでしょうか?
 例えば蓮の花、表現過剰な感じですが、一目見て蓮だとわかるような感じになっていたり。あと、衣を羽織っているのではなく、装飾品を纏っている点とかが印象的でした。

2012110806.jpg

 抹茶ソフトか、と思いきや、桑茶ソフト・・・だと・・・!? そして美味でした!

 そんな火酒の道しるべ



行き当たりばったり感


 こんばんは、火酒です。日に日に冷え込みが強くなっている気がします、と書こうと思ったのですが、何で今日は暖かいのさw
 そう言えばもう、秋物コートを出している方は多いと思うんです。しかし手袋やマフラーはどうなんでしょう?もう皆さんは準備しているのでしょうか?


 さて、主張と現実というものは、食い違うことは多々あります。それはしょうがないところではあるのですが、余りにも浅い考えのもと実行して、予想通りの結果を得ているものもあります。

 10月から施行された「違法ダウンロードの刑事罰化」の結果、ネット上で音楽や映像コンテンツを見聞きしていた人達が、CD等に流れてきて、CD等の売上も回復する予定だったそうですが、見事なまでに”音楽離れ”を加速させているそうですね。
 いや、確かに有料版と無料版があれば皆、無料版を好む、ならば無料版を締め付ければ有料版を手にするはず。と、本気で考えていた人達は次は何処に”原因を求める”のでしょうか?

 有料版と無料版があった場合、無料版を締め付ければ有料版に流れる。それは一面、正しいです。しかしそれが適用される条件はなかなか限られていて、そのコンテンツが優れている場合に限ります。
 コンテンツが優れていないにもかかわらず、上記のような手をとった場合、人々は離れていく、これも道理なわけで。

 しかし、何故”音楽業界が不況”であるかを本気で考えた”関係者”っているのでしょうか。この際音楽業界の関係者が、自分たちの利益を確保するために何をするかを考えたかどうか、という問いかけでも構わないでしょう。
 今回、打たれた手は”違法コンテンツの締め付け”、言い換えれば無料コンテンツの締め付けにあたります。音楽業界が利益を上げるために、無料コンテンツを規制し、有料コンテンツに向かわせる、と。そしてその結果が”音楽離れ”。

 そもそも、無料版を規制すれば有料版が、というのは短絡的思考なように思います。なぜなら、無料版が気に入ったら有料版を手に入れる人は多いから。
 例えば、AさんとBさんがそれぞれ作品を作った場合。Aの作品の出来を”上出来”、Bを”微妙”としましょう。Aは自分で作った作品をネット上の無料コンテンツとして流した上、CD等の媒体で販売をした。Bは自分の作品を有料コンテンツとした。
 結果、Aは売上を伸ばし、Bの売上は低迷。そしてBはその原因を、”ネット上で勝手に作品を無料拡散されたから”ことに求めた。
 単純化すると、この問題はこんな感じなんじゃなかろうかと思いますね。これ以上の解説は無粋な気がするので止めておきますが、少しだけ提起しておくと、Bのコンテンツがネット上に拡散されなかった場合、どういう結末を迎えそうか、という事です。

 主張するのは簡単ですが、それが現実と即していない場合、見当違いの結果を招くことはままあります。そしてそれは物事を後退させる危険性の方が大きい気がするんですね。上記の例の場合、Bはコンテンツを良くする努力も出来ないでしょうし、このまま消えて行く事でしょう。
 主張するのは物事をしっかり見据えてから。これが出来るだけでも随分と色々な事が良い方向に転ぶんじゃないでしょうか?


 新設3大学が先日不認可されました。確かに大学全入時代であり、これ以上大学が増えても、という思いが僕にもあり、流していた話題ですが・・・。
 今回不認可したのが田中文科相。そしてその前に審議を通っており、準備が進んでいる状態だったらしいですね。その状態で不認可にされたらそれは拗れます。そして取った手段が「新基準で審議する」そうで。そして確実に認可に向かうそうですね。これまた、行き当たりばったりが拗れた感じですが、素直に不認可を撤回しろよ。そして今はどうやら”そんな事言ってない、誤解だ”的な話にしようとしているらしいですが、それはなんという様式美でしょうか?

 野田内閣の支持率がまた落ちましたね。これに対して野田総理大臣は「支持率の低下は国民からの叱咤激励だと考える」と。主張としては「叱咤激励」だとしても、現実サイドは「いい加減にしろ」という状態なわけで。

 ・・・ホントいい加減、行き当たりばったりは止めて、物事をしっかり見据えてほしいものです。


 さて、殺伐系のエントリになってしまったので、お菓子の写真でお茶濁し♪

2012110701.jpg

 おみやげいただきました!栃木県、日光に行ってきたそうですが、日光はレモンが名産なんでしょうか?ちなみにこの檸檬の月、美味しかったですよ!

 そんな火酒の道しるべ



竜神峡


 こんばんは、火酒です。今日のテーマはコチラ「最近、怒ったことを教えてください」

 無いですね、極めて温厚なのが火酒の特性というかなんというか。まぁ、いい風に考えれば、ですが・・・
 基本的に”怒れない”んですね、なんだかんだで”しょうがない”と済ませる理由を考えてしまうんです。つまりそれは相手ときちんと向き合わず、躱しているようなことなのかも知れませんね。怒るべきところできちんと怒る。それが確かに重要だと思うんですが・・・
 怒ることに対して恐怖があるんだと思うんですね。怒った後に、どう思われるかを考えてしまう。そんなところを考えだしたらきりがないのですが、結局は何というか、逃げてしまうんでしょう。

 さて、昨日に引き続き、割り込みエントリ第二弾と参りましょう。昨日のエントリは袋田の滝を題材にしましたが、今日のネタは袋田の滝にほど近い所に位置するここ、竜神峡。

2012110601.jpg

 竜神峡大吊橋。白状すると、ここに来たのは全くの偶然というかなんというか。近くを走って道路看板で行ってみようかな~、と思った。ただそれだけで訪問していたりしますw

2012110602.jpg

 で、これが竜神峡大吊橋。例え鉄と石でできているものであっても、構造的に吊っていたら吊り橋なんですよね。小さい時はそれが全く理解できずに、川にかかる道路橋とか見ても、塔をデザインとしか考えられなかったものですが・・・

2012110603.jpg

 ここは地上高が最高100mあるらしいです。そのため、遥か下に竜神ダムを望むような格好に。ダムも通常、高所にあるイメージなので、それがはるか下に見えるというのもなかなか。

2012110604.jpg

 集落。今でこそ吊り橋や接続道路も整備されていますが、この周りを山に囲まれた集落の過去というのはどんなものだったんだろう、と想像をふくらませながら。

2012110605.jpg

 そして若ガエル石。もちろん、撫でてきました。

2012110606.jpg

 そして見つけてしまった変わり種ソフト、今回は栗ソフトクリーム。秋の味覚、栗が用いられたソフトクリーム・・・だと・・・?ということで迷わず試していました。
 味は一口目、不思議な感じに。なんだかモンブランの味を忘れていたこともあり、一瞬衝撃を味わいました、それからは普通に美味しく食べられたのですがw

2012110607.jpg

 柚子味噌蒟蒻。なんでこんなに美味しいんでしょう?

2012110608.jpg

 最後に全景をもう一枚。

 さて、今回の旅の目的は紅葉、だったわけですが、まだまだ燃えるような紅葉、というのは先になりそうです。しかし今回、体が空いているタイミングがあったので出かけてみましたが、紅葉真っ盛りにまた時間を作れるかなぁ・・・

 そんな火酒の道しるべ



袋田の滝


 こんばんは、火酒です。今日のテーマは「あなたが時間をかけてること」

 うーん、時間をかけていること・・・、ブログにかける時間が長めだということでしょうか?では時間をかけたいことといえば・・・なんだろう。
 ・・・多分、時間があったらあったでボケっとしてしまうんですね、なにか夢中になれることが見つけられていたらよかったのですが。今から見つけるのはなかなか難しそうですw


 さて、東北観光編が途中ですが、今日のエントリでは別の旅記録を割り込んでいきます。というのは少し旬なネタが手に入ったからですが、それでは四度の滝とも言われる袋田の滝への旅記録。

2012110501.jpg

 茨城県、奥久慈をひたすら進んだところには、日本三大名瀑の一つ、別名「四度の滝」と言われる袋田の滝があります。今の時期、ちょうど紅葉が見頃なんじゃないか、と思い、行ってきたわけです。

 着いたのが朝九時前。にもかかわらず結構な人出が既に出ていました。

 そのまま一直線へ滝へと向かう道に進む火酒。途中、入場券が必要なところがあったのですが、シャッターが半開き。どうしたものか、と思っていたら、今の時間はこのまま入ってイイですよ、と声をかけてくれました。

2012110502.jpg

 そして最初に撮れた写真がコレだよ。

 いや、我ながらもっとまともな写真が撮れないものか、と思ってしまったのですが、これもこれでなかなか気に入ってしまったという・・・w

2012110503.jpg

 全景。しばらく雨が降っていないこともあるらしく、水量は少ない状態とのこと。そして肝心の紅葉もまだあまり進んでおらず、完全に肩透かしを食らってしまった火酒がいますw

2012110504.jpg

 帰りに奥久慈りんごで作ったアップルパイ!が売っていたので入手しました。

2012110505.jpg

 りんごが食感も生きていて、バターも香り、生地はサクサク。美味しかった♪

 実はここ、袋田の滝に来たのは初めてではありません。深緑の時期、そして氷結の時期に訪れたことがあります。ちなみに凍った時の写真はこちら!

2012110504.jpg

 紅葉の時期と新緑の時期を加えたかったのですが、まだまだ先になりそうですねw

 そんな火酒の道しるべ


恋愛観


 こんにちは、火酒です。そう言えばブログを書かれている皆様は、エントリ一回につき、どれくらいの時間をかけているものなのでしょうか?
 ちなみに僕は目標30分で、実際は1時間くらいになってしまっています。頭の中身をもっとささっと整理することが出来るようにならないとですね!

 さて、今日のエントリは”恋愛観”我ながら似合わないエントリだと思いますが。

 世の中には恋愛教材本とかが溢れています。そして恋愛を扱う雑誌も多い。そして社会的に昨今叫ばれているのが、出生率の低下、突き詰めていくと晩婚化もしくは非婚化。まぁ、僕も独り身です。そろそろいい年になってきたんですけどね(・_・;)

 恋愛教材には、大抵”男はこうあるべき”というのがある気がします。極端にあげると
・話が面白い
・料理ができる
・家庭的
・最低年収600万超え
・センスがある
・自分に自信を持っている
            等々。

 そう言えば女性に対してこういうのってあまり聞かないよな、というのも思うわけで、思うことを上げてみました。
・一緒にいて安らげる
・家事ができる
・料理が美味しい
・わがままでも構わないが、節度を持っている
・健気
・芯が強い

 本気で色々と理想を考えたらまだまだあがります。例えば”理系や技術者に理解がある”とか、”簡単な治療の知識がある”、”文学に造詣がある”とか。
 まぁ、あくまでも極端な例ということで。

 しかし、”男は”とか、”女性は”とか、巷で言われるようなこと(この場合後者は僕の意見オンリーですが)は、相手に何を求めているのか、という疑問が沸くわけで。
 恐らくは”こういう相手であれば自分が楽ができる”といった上に成り立っている気がするんですね。自分が何をしてあげられるかについては、全く言及がないんです。無いんですが、例えばそれを女性誌に指摘したところで”甲斐性のない男”とされるんじゃないかなぁ、と。

 そして恋愛系の話にはたいてい”駆け引き”についても言及されていますね。付き合う前もそうですが、付き合った後についても。
 相手の気持を確かめたい、というのは至極まっとうな考えだと思います。だからこそ、”こういう行動をして反応を見る”と言った指南があるわけです。
 ・・・僕はこの”駆け引き”があまり好きじゃありません。”駆け引き”がエスカレートした結果、お互いに疑心暗鬼に陥ったのでしょう。すれ違いが続き、そして、という過去がありますから。

 さて、恋愛で相手に求める条件を上で色々と挙げてみましたが、”女性が男に求める条件”や”男が女性に求める条件”それぞれを全てクリアして、というのは現実的にも難しいわけで。
 だからこそ、足りない所は補いあう。それでも力不足な所は互いに努力して活路を見出す。そして、試し合うのではなく、協力しあう。そういった事が出来る関係ということが重要な気がしているんです。

 突き詰めていくと、僕個人的にはどんな能力よりも、とにかく安心して背中を預けられるような人がいいんですね。そして僕もその誰かを支えていけるような人になりたいというわけで。

2012110301.png

 この絵は、ソードアート・オンラインより、キリトとアスナ。相互リンクしていただいている「海月空間」羽桜さんに描いていただきました。

 リクエスト条件は
・日常
・ほのぼの
・背中合わせ

 この条件だけで、構図はほぼ僕のイメージ通りの絵が出来たことに内心舌を巻きました。それにしても、しっかりと僕が求めた雰囲気が出ている上に、木漏れ日の表現がとにかく美しい・・・。羽桜さん、ありがとうございます!

 そしてこの絵、実はこのエントリを書くためだけにリクエストしていたようなものですw

 ソードアート・オンライン。ログアウト不能なオンラインゲームで、デス・ゲームと化した世界。その中で安心して背中を預け合うことの難しさといったら無いでしょう。いつ誰が牙を剥くかわからないような世界ですから。


 今の日本の現実についても激動を迎えている、そんな気がしています。近隣諸国のこともあるし、世界的に経済が不安定なこともある。そして政治は何やっているかわからない。そんなとにかく先が読めない状態。
 そんななか、安心して背中を預けられる、いや、”預け合える”。そんな人と共に歩めるようになれば、それ以上のことは無いと思いますね。

 普段と毛色が全くといっていいほど違う”恋愛系”エントリでしたが、いかがでしょうか?ちなみにこのエントリを描き上げるのには1時間半を要しました。・・・やはり慣れないものですw

 え、御託はいいから相手を探せ?(∩゚д゚)アーアーきこえなーい

 そんな火酒の道しるべ



東北観光 恐山


 おはようございます、火酒です。仕事前に投稿が間に合うかどうか、といったところですが、やってみます!

 さて、東北観光編、今回の一番の目的地に到着しました。ちなみに前回のエントリはコチラを参考してください。

2012110101.jpg

 こんもりと生い茂った後ろの山と対照的に、どこか物寂しい、光景が広がるここは・・・

2012110102.jpg

 霊場、恐山。

2012110103.jpg

 恐山というとイタコの口寄せのイメージですよね。しかし恐山自体、このなんとも言えない雰囲気に包まれています。

2012110104.jpg

 大王石。奇岩がその威容を表すと共に・・・

2012110105.jpg

 八葉塔。こういった仏像の類が姿を表します。

2012110106.jpg

 綺麗なのですが、なんとも言えないアブナイ雰囲気を醸し出す湖。

2012110107.jpg

 金堀地獄

2012110108.jpg

 重罪地獄

2012110109.jpg

 どうや地獄

2012110110.jpg

 修羅王地獄。

 他にも血の池地獄等、色々なものがありました。

 今回の旅の目的地、恐山。目的地といっても特に何かあるとか言うわけではありませんよ!あ、何かしら連れて帰ってきてる可能性はありますけどね^ー^

 しかし、恐山というフレーズで真っ先にシャーマンキングが頭に浮かんできたのは僕だけでいい。ちなみにアンナはいませんでしたので悪しからずw

2012110111.jpg

 恒例のお守り入手。今回はお助け錫杖守を手に入れました。霊場恐山のものだけに、なかなか力を秘めているんじゃないでしょうか?

 そんな火酒の道しるべ





top





Profile

火酒

Author:火酒


 基本的には、火酒の日常を。そして時には皆様のお役に立てるようなエントリも書ければいいかな、程度につづっています。

 ほぼ火酒の実体験ですが、特定避けのため、所々改変しています。もし特定した場合でも、気づかなかったコトにして下さい(笑)。

 一言だけでもコメントを頂ければ元気が出ます、火酒の何かのレベルがきっと上がります。


壁|д・) ソォーッ…

壁|∀・)Ξスッ
このブログをはてなブックマークに追加
壁|д=) ジー
FC2ブログランキング
壁|ロ゚)ハッ
Counter
About 道しるべ

 ”道標(みちしるべ、どうひょう)”とは、目的地までの距離や方向を示すために設置されたもの。マイルストーン、一里塚、Milestone。by Wikipedia。
 ですが、このブログはただひたすらに迷っている火酒が、書きたいことを書き連ねているだけですw
 ここに書き連ねた”記録”が、いつか僕の糧になる。勝手にそう信じながら。
 管理人への連絡についてですが、メールアドレスを公開します。michishirube☆kasyu.net(☆→@で)。もし連絡したい状況になったらお使いくださいb
Links
 当ブログはリンクフリーです、そして相互リンク募集します。”原則”受け付けられますb
 リンクについて、詳しくはコチラのエントリをお読みください。
 また、このブログをリンクに簡単に追加するためのリンクはコチラです(FC2限定の機能となります、悪しからず・・・)。

→このブログをリンクに追加する
Diary
Everything
RSS URL
最新エントリのRSS URL


最新コメントのRSS URL


最新トラックバックのRSS URL
All Links

Click to expand





Information

 かねてから僕が運営していたRedStoneの★BACCARAT★ギルドサイトですが、この度、勝手ながら閉鎖させて頂きました。関係者の方々、散々放置してしまっていて申し訳なかったです。
 この跡地に、新たなサイトを立ち上げます(RedStone関係無いです)。まだまだ構想中ですが、これから公開できるよう、整備を行います。
 2012年、1月1日

 新たなサイト 道しるべ を開設しました。これからコンテンツを充実させていきます、よろしくお願い致します!
 2012年、4月21日

copyright © 道しるべ. all rights reserved.
copyright © 2004 powered by FC2. all rights reserved.
javascript by Harukiya Archives. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。