道しるべ

火酒とは・・・ ジン、ウォッカ、ラム、テキーラといったスピリッツと呼ばれる酒を指す。 そんなことは全く関係ないこのブログ

<<121234567891011121314151617181920212223242526272829303102>>

top

アジアカップ優勝


ついにきましたね!

 日本代表チームアジアカップ優勝、おめでとう、そしてありがとう!!!

 しかし決勝、李のボレーシュートが綺麗すぎましたね。確かにアレじゃオーストラリアチームじゃなくても反応できる人は少なそう。あとはGK川島の守備も良かったです、今大会川島のセーブがなけりゃ各試合あたり1~2点取られててもおかしくないんじゃ・・・?とかも素人目ながら思ったので。

 欧州チームに加わっている代表メンバーも、その中でさえ評価されている選手も多い、例えば長友は世界最高レベルの左サイドバックと言われているみたいだしね。選手が欧州でレベルアップして、代表召集されたらザッケローニ監督がうまくまとめる、そんな感じかな?

 素人意見ながらザックの采配も良かったんじゃないかな、なんというか、途中出場した選手は活躍してた感じがしたし!それくらいしか分からないけども!


 ともかく、嬉しいですね、日本代表チーム、感動をありがとう!




言葉の乱れ、本当に乱れているのか?


 現在名古屋で仮宿生活中、なわけですが、だんだんこの生活に慣れてきたのか、起きる時間が遅くなってまいりました。なんというか、緩んできたのかな?引き締めなおさないと!

 さて、”普通に”とか”全然”とか言った言葉は、昔と意味が違ってきていることに気づいているでしょうか?違ってきている、というよりも違う使われ方をしてきている?というべきか。
 例えば”普通”であれば、”普通に美味しい”、とか”普通に難しい”といった使われ方をすることがある。まぁ、普通に美味しいと言えばすごく美味しい、の意味合いだと解釈しているし、普通に難しい、と言えば覚悟してやってみたけどやっぱり難しい、といった感じで捉えている。
 ”全然”と言えば、”全然平気”といった言葉か。これはもちろん全く問題なく平気、ってコト。

 どうやら、こう言った言葉の使われ方に違和感を覚える人達というのはやはりいるらしい。だからこそ、「言葉の乱れ」として問題視される。

 物事というのは時間と共に変化するものだ。世界情勢だってい時々刻々と変わっていくし、地球温暖化に代表される地球環境だって不変のものではない。そのなかに言葉も含まれて当然だと思う。その時、その時代に使いやすいものに変化していく。だからいわゆる古語だって、現代語に取って変わられた。

 言葉の乱れを声高に叫ぶ人たちは、そういった自分たちが抱えている矛盾に気付けないのだろうか?もし気づいているのなら、例えば日常で古語を話しているべきだし。

 日本語が乱れてきている、とかいった主張は多いけど、本当に乱れているのかもう一度考えて欲しい。なぜ乱れていると考えるのも併せて。
 俺には主張者の自己正当化手段にみえてならない。というのも時と共に色々なものが変化する事に対し、その変化に自分がついていけてないことには蓋をし、変化したことを”乱れ”として、自分が正しい、と判を押し、自分を納得させるような行為に。



犯罪、加害者の人権・被害者の人権


 ”宮城県、性犯罪前歴者のGPS監視検討”。このニュースが飛び込んできたのは数日前の話。犯罪、その中でも特に性犯罪は再犯率が高く、問題となってます。そのため、性犯罪前歴者にはGPS携帯を持たせて、監視しようという条例が検討されているわけですね。

 寒い日が続いていますね。今朝車を動かそうとしたらウィンドウが凍っていたので、ウォッシャー液をかけたらそれも凍って結局エアコンが頑張るまで車が動かせなかった火酒です。でもウォッシャー液って不凍液じゃなかったっけ?ウォッシャー液をかけて溶けた水分がまた凍ったのかな???


 さて、性犯罪者のGPS監視。やはり賛否両論出てきましたね。ちょっとまとめてみるとこんなところでしょうか?

【賛成派】
・性犯罪者は再犯率が高いから当然
・犯罪抑止につながる
・前科者において更正した人の場合、アリバイを確保できる
・被害者は人権を犯されて心身に一生のキズを負う。罪を犯した罰。
・犯罪前科者の人権は制限されるべき、当然の報い

【反対派】
・人権侵害
・犯罪加害者(前科者)の自殺が増えてしまう
・罪を犯した後に改心出来る人もいる、あまりにも短絡的。
・何事も監視する窮屈な社会になりそう、独裁政権の国を連想させる

 こんな感じ。さて、この記事を読んでくださってる皆様がどう考えるかはお任せしますが、少し俺も考えてみましょうか。


 さて、まず賛成派の意見から検証。”性犯罪率は再犯率が高い”これについてはどうやら40%以上の性犯罪前科者は再犯するらしい。一回やったら味をしめてしまうのでしょうか?病気に近い、という意見もあるそうで。

 ”犯罪抑止”及び”アリバイ確保”。まぁ、当然ですね。例えば学校での自習を引き合いに出せば、先生がいれば勉強するけど、いないと遊んじゃう。マラソン大会でコースから外れてショートカットした・しない、という議論があったらあっさりと結論が出せる。

 ”罪を犯した罰”昔読んでいた小説に「悪人に人権はない!」と力説されていたような気がするけれど、それはひとまずどこかにおいて、この手の犯罪被害者は人権を侵害され、一生に関わるキズを負ってしまう。確かに被害者をそんな状況にしておいて、加害者の人権が確保されるのは、等価ではない。


 次に、反対派の意見を。まず、”人権侵害”これも確かに、行動監視されるわけなので人権が制限、侵害されると言える。

 ”犯罪加害者の自殺増加”監視されている、というところからノイローゼになったりは確かにしそうなところ。ノイローゼになって嫌になって自殺。ちょっとその考えは短絡的な気もするけど、そんなトコ?

 ”改心できる人もいるのに短絡的”確かに犯罪を犯してそのあとに改心する人もいる。改心した人まで生きにくい世の中になってしまうのは問題な気もする。

 ”窮屈な社会になりそう”確かに監視社会になると、物も自由に言い難くなってしまう可能性は少なくない。それは独裁政権に繋がりそうな思想ではある。


 個人的にはこの”性犯罪前歴者のGPS監視”には賛成です。性犯罪に限らず、お金では解決できない犯罪全てに適用させてもいいんじゃないかな?あとは、全ての再犯逮捕者。

 犯罪をする、ということは誰かの人権を侵して自分の利益に、そして被害者が不利益を被るような行動をするわけで、自分の人権を主張する立場にはないと思う。そしてそれくらいの報いは受けるべきだと考える。さもないと、日本は犯罪者の楽園になってしまう気がする。真面目に生きているより、犯罪したほうが利益を得る、そんな世の中にね。
 それに反対する人は、いざ隣の家に犯罪前科者が引っ越してきた、とかなってもそう言っていられるのかな?例えばかわいい子供がいるとして、地域にこの手の出所者が暮らしている、としても何も不安を感じずに生活が出来るのか。

 確かに過度な監視社会になったら社会全体がおかしくなってくると思う。でも、ある程度の監視は必要なんじゃないか?とも俺は思う。
 最近だんだん希薄となっていると言われる地域の結びつき、あれは一種の監視力(?)も持っていたんじゃないかって思う。地域の人が見ているから、誰かが見てるから悪いことはできない、しない。地域のつながりが希薄になってきたからこそ、発揮されなくなったその力をGPSというツールを用いて発揮する。そんな感じ。

 繰り返しにはなるけれど、性犯罪は被害者の人権を侵し、その後の人生をねじ曲げてしまうほど影響する。だからと言ってはなんだけど、加害者は長期か、生きている間ずっと人権を制限され、報いを受けるべきだと思う。
 二次的には、犯罪を思いとどまる人も増えれば、社会全体から性犯罪が減っていくんじゃないだろうか?




売り手のモラル


さて、バードカフェとグルーポンのおせち騒動。アレを発端にクーポン商法の実情が見えてきた人も多いとは思います。加盟店に定価を上げさせてクーポンで値引きしてお得感を出す。つまり定価を倍にさせてクーポンで半額にしている等々。正直いうと引っかかる人も引っかかる人ですが、やはり商売をする側のモラルのほうが問題でしょう。

どうも、火酒です。

寒い日が続く中、ウィンタースポーツをやりたくてしょうがない。スキーもスノボもヘタの横好きですが滑れないことはないので。というかあのスピードというか爽快感というか、たまらないですよね!まぁこのスキーリフト券においても、グルーポンで97%OFF!とかいうおかしな広告を見たことがあるのですが。

そして、今日の話のネタもまたグルーポンで。一体何があったかというと・・・
・とある店のランチを50%割引するクーポンを販売
・合同購入者1000人到達
・規約の利用可能時間に、”平日限定”を追記
と、いったところです。

ソースはココ

これはひどい後出しジャンケンですね。もともとクーポンの利用可能時間には平日限定など明記されていなかったわけで、どう考えても購入者側は休日も使えるものと考えるでしょう。平日は仕事がある人も多いでしょうし、仕事をあけてまでクーポン使って食べに行く、というのも・・・どうにもやりにくい。

本当に記述を間違えて”平日限定”をつけ忘れたのかもしれない。でもそれは後から付け足していいようなものでは無いはず。間違えたなら間違えたなりに責任をもつ事が必要だと思う。今回の場合、クーポンを休日も使えるようにする、とね。

グルーポンが書き間違えたのか、店側が書き間違えていたのかは知らないし、責任の擦り付け合いがおこったとしてもどうでもいい話だけれどさ、結果的にしろ何にしろ、消費者を騙した、詐欺行為を働いた形になったのは歴然とした事実。そこを対応するのは売り手のモラルの問題だと思う。

それに、クーポンサイトに後から追加された格好になった”平日限定”。これを知らない人も多いと思う。メールを流したところで見てない人も少なくないはず。これを知らずに休日に行って「平日限定です」と言われたときのことを考えるとみんな憤ると思う。

なんだかこう言った商売を見ていると、モラルってどこ行ったのかな?って思う。自分さえ儲ければいい、そういった売り手の考えがにじみ出ているような気がしてならない。

商売は信用を失ったら非常に大きなダメージとして返ってくる。それによって失敗している人もいる。それが分からないほど愚かな人は少ないはず。分かっていてやっているとなればそれこそルーピー、クルクルパーという言葉をお見舞いしたくもなる。





教師VS親


モンスターペアレンツ、というのは最近良く問題になっている。子供が常にTOPの扱いをされなければ気に食わない人たちで、自分の正当な理由で学校の先生に怒られたことや、例えば集合写真の中央にいないことにまでクレームを付ける人がいるらしい。まさにモンスター。子供に与える影響まで考えたらまさに害悪としかいい用がない存在だったりする。

どうも、火酒です。

さて、モンスターペアレンツにより精神を病んで、これを提訴した教師がいるそうです。再三に渡る嫌がらせの末に、不眠症になったとして500万の賠償を求める、と。

発端は児童同士の喧嘩?だったそうで、仲裁に入ったとのこと。原因を追求し、最初に問題を起こしたと思われる方に謝らせたらしいのですが・・・

両親にとっては不当な判断だったらしく、これに抗議、教師は反論、泥沼化。

両親は連絡帳に”自分の子供が不当な扱いを受けている”等を書きこみ、教師の弁では”児童の背中に少し触れただけで「暴行を受けた」と訴えられた”とのことも・・・

モンスターペアレンツ、というとイメージが結構悪いので、正直最初俺も教師に同情する気持ちだったのですが、情報を整理するうちに色々わからなくなってきました。

というのは、この両親が学校の様子を子供に録音させたものが出てきたため。どうやら、教師の追求も誘導尋問じみたもので・・・

両親は”正当な抗議をしたのに、モンスターペアレンツに仕立て上げられた”との対応で、提訴の取り下げを求めているそうです。


さて、この裁判がどんな顛末に落ち着くかどうかはわかりません。事件(?)内容も判断しづらいですからね。

個人的には痛み分けになるのかな、と思っています。また、一般的に言うモンスターペアレンツは対応を間違えるとエスカレートする一方なので、これに非を認めるような判例がそろそろ必要だと感じているので・・・


さて、この裁判がどう落ち着くか、少し気になるところです。




昼間から飲めるっていいね


どうも、火酒です。

この間の土曜日に、名古屋の友達とちょっと遊んでいました。どこ行こうかってことで・・・一路近鉄で伊勢神宮。天照大御神のおわす地に。

まぁ、なんというかほぼ初詣です。そういえば今年はろくに初詣に行かなかったから、丁度いいってことで。そして伊勢について・・・とりあえず地ビールの瓶小瓶をあけ、白鷹を0.5合あけ、松坂牛メンチカツやら磯辺揚げやら買い食いしながらうろつきまわり、ワンカップを開け、参拝をして・・・


日本っていいよね、日本の神様もなんというかお酒好きだし!例えばキリスト圏、イスラム圏じゃこうはいかないでしょう。

そういえば今度のサッカーワールドカップはカタールで行われますね。つまりイスラム圏。聞いた話によると、イスラム以外の選手やサポーター、観光客にいたるまで、女性はフードを被り、お酒は禁止、公共の場でのキス等にも確か罰が下されるそうです。郷に入っては郷に、とは言うけれど、、、


まぁ、そんな感じで伊勢に行っていたわけです。そして名古屋に帰ってからが本番になるとはこのとき予想ダニしていなかった俺がいたわけで。

一件目、ひとまず二人で瓶ビール三本を空にし、それぞれ日本酒を一合。ここまででも相当お腹いっぱいな状態だったのですが・・・
二件目突入。ビール各々三杯・・・
さすがに途中でギブアップしましたが。。。

しかし、土曜の夕方に終電で帰ることになるとは思わなかった。というか終電気にしてなくて、駅のホームいったら終電が滑りこんできたというなんというか、、、すべりこみセーフ?(俺が

おかげで帰りついたのは夜半を回ったというね。

いつもならこのまま二日酔いになるのが定石なのですが、友の言葉「無理してでも水分をがぶ飲みしてから寝ろ!」に従い水分をとって就寝したら・・・!

なんと次の日普通に動けましたよ。

しかし、真昼間から飲めるっていいね、なんだか物凄くいい気分に浸れた一日でした。


うーん・・・おっさんじみてる・・・か・・・?




大学入試センター試験


さて、昨日今日と大学入試センター試験が行われましたね。高校三年生にとっては、これからの人生を占うイベントであり、これまでの積み重ねを武器に戦ってきたことでしょう!

どうも、火酒です。

大学入試センター試験といえば、毎年のように”会場を間違えてパトカーで送迎”等々の報道を聞くのですが、雪による試験時間繰り下げというのも毎年聞きますね。どういうわけかセンター試験は雪の影響をうけることが多いようで。

新幹線もいくつか運休し、各会場で試験時間繰り下げが行われたりする中、高山では雪による事故があったそうです。事故にあったバスの中には数人のセンター試験受験の高校生が!!

バスの運転手が機転を利かせて、通りすがりの車に声をかけ、その高校生を送ってもらう。ということで事なきを得たそうですが、なんとも心温まるエピソードですよね。

どうやらその高校生は無事に会場に間に合ったそうで。


今、名古屋にいるのですが、雪に閉ざされています。パウダースノーで10cmくらい積もってる。今日一日中降っていたおかげで、セルフ兵糧攻め状態に陥っています。スタッドレスタイヤもチェーンも持っていないし、車も雪に閉ざされてしまったので・・・

すぐ近くのラーメン屋がやっていたので夕ごはんは何とかした。それに明日の朝の分のご飯はストックがある!
あしたの仕事終わりからの行動が勝負です。




韓国口蹄疫騒動


少し前に宮崎で口蹄疫が発生して大変な騒ぎになったのは記憶に新しいことなのですが・・・
今は韓国が大変なことになっているそうですね。

どうも、火酒です。

寒い日が続きますね、まぁ、俺的には暑いよりよっぽど良かったりします。だって着こめば何とかなるじゃん!暑いと脱ぐのにも限界がある!


さて、今年入ってからのブログについて、15分位で更新を終えられるように、というのを考えて記事を打っています。
これだ!って刺激された話題があったらそれで一気に、何もなかったらもはや書かない、とね。
そして今日、刺激された話題は”口蹄疫”というわけ。

さて、宮崎で発生した口蹄疫は政府の対応の悪さで騒動が広がった、といった印象を受けています。当時農林水産大臣だった人の名前をつけて、”赤松口蹄疫”と呼ばれるのも納得かな、と。ちなみに宮崎の口蹄疫では、ワクチン接種した牛や豚を含め、最終的には30万頭程度の殺処分で終わり、東国原知事や現場の方々の必死の対応でエリアも拡大せずにすみました。
さすがのメディアも連日報道し(とはいえ統制もかかっていたそうで満足な情報が入ってくるようになったのはだいぶ後になってからのことでしたが)宮崎で口蹄疫が発生したことは周知の事実になったわけですが・・・

現在、韓国では現在殺処分が140万頭、全国各地に被害が広がっているそうです。ココとか

結構日本で報道されていないと感じているので、知らない人は多いと思います。なぜ報道しないのでしょうね?
ともあれ、これから中国韓国では旧正月が控えており、人の大きな移動が発生します。韓国全土に口蹄疫が蔓延することも十分に考えられることな上、すでに仁川・金甫の両空港は口蹄疫発生エリアにほぼ位置しています。
つまり、国際的な人の移動も十分に注意しなければいけない状況になっているということ。

宮崎での口蹄疫があったことを考えると、収束させるまで多大な労力が必要となることがわかります。そのため、口蹄疫を発生させないことが重要となるのではないのでしょうか?
口蹄疫を持ち帰って「知らなかった」じゃすまされない、はず。
そのはずなのに、メディアはどうでもいい情報ばかり流す、と。

いかんいかん、昨日の記事の流れになってきてしまった。

ともあれ、韓国では口蹄疫が大流行している、と言っても過言ではない状況です。
人や物の移動にはご注意を。




情報の責任所在


どうも、火酒です。

うん、三日坊主になるかもしれないんだけれども、新年ということで出来るだけ更新しようかなと考えていたりしています。
さて、情報の責任所在はどこにあるのか、考えてみました。

まぁ、考える切っ掛けとなったのはもちろんこれ
読売新聞朝刊の山崎正和氏の発言だ。

”もう一つ心配なのが、大衆社会がより悪くなることだ。ブログやツイッターの普及により、知的訓練を受けていない人が発信する楽しみを覚えた。これが新聞や本の軽視につながり、「責任を持って情報を選択する編集」が弱くなれば、国民の知的低下を招き、関心の範囲を狭くしてしまう。ネット時代にあっても、責任あるマスコミが権威を持つ社会にしていく必要がある。”(原文ママ)

ネットやブログ・ツイッターの発達で誰でも簡単に情報発信ができるようになり、
訓練されてない人による無秩序な情報発信が多くなって社会が悪くなる。
そうならないように、責任あるメディアが権威をもつ必要がある、と。

さらにまとめると
「メディアが責任をもって情報を発信するから、それをうけとればいい」
と、俺は解釈したのは邪推か、悪意なのか?

ちなみにこの発言は、
新聞やメディア離れを危惧してのことだと俺は解釈している。

ではなぜ新聞やテレビのニュースから俺が離れているのかを考えてみると、以下の点が浮かび上がってきた。
・物事の1側面しか報道しない
・情報の取捨選択をメディアがしている
・自分が発信した情報に対しての責任を取らない
・各々のメディアでの出演者の考え方の押し売りをしている
考えついただけで上記。

色々とネタはあるけれど、
一気に説明できるといえば村木局長についての報道だろう。
・まず、検察ストーリーのネタから村木局長を追い詰め、
・各種特集番組では村木局長がさも黒幕のように都合のいい情報を報道し、視聴者を煽る。
・自称識者は「こんなことがあった」とさも観てきたように話していた。
そして無罪判決がでたあとも
・これから報道に気をつけましょう、程度の会合を開いただけで謝罪を一切していない。

なんか記事書いているだけでやっぱり日本のマスコミって腐ってるなって思い、
腹が立ってきてしまった。。。
村木局長ネタで俺が言いたいことは要するに、メディアは情報に対して責任を持っていない。

確かに、皆が自由に情報を得て、情報分析、情報整理を行い、ネットに流すことで、
個々の主観や憶測の入った情報が流れる。
それこそ見るほうが溺れるくらいの情報量はある。
そんななか、このマスコミの情報は大丈夫、というのがあれば指標に出来るだろう。

ここの出す情報は大丈夫という箔は、言ってみれば権威につながる。
そしてその箔を得るためには、
発信する情報に対して責任を持っているだろう。
でなければ、それはブログやツイッターとなにも変わらないのだから。

情報の海で社会が悪くなる前にしなければいけないことは
「メディアが権威を持つこと」ではなく
「メディアが情報発信に対しての責任をもつこと」
ではないのだろうか?


地元と住処


ども、火酒です。

さて、年末年始は地元というか故郷というか、群馬に帰っていたわけですよ。
やっぱり地元に戻ると空気がまず違う。流れている時間もゆっくりだ。
空も山も、心なしか綺麗に見える。

なんでそう思うのかなって考えてみた。
どこが大阪と違うのかなって。

大阪は、人が多い。
そしてみんなせかせかと歩いている印象だ。
そのせいだろうか?流れている時間は速く、余裕が感じられない気がする。
高層ビルは多く、空は狭い。空も山もくすんで見える・・・

群馬と大阪を比べてみると、
群馬はいい点に、大阪は悪い点に目がいっていることに気づく。
実に主観的であり、客観性などない。

大阪も探せばいいところもあるし、
群馬だって交通事情等嫌な点もある。
でもやっぱり、群馬に帰ると落ち着くし、不思議と安心する。

「やっぱり地元は、思い出がそこかしこに染み込んでいる」
友達がふと口にした言葉。
これが答えなのかもしれない。



あけました


あけましたね!おめでとうございます!

久々な更新。


さて、Avire AntiVirが壊れてしまっていたため、
さっきまで修復していました。

まぁ、モバイルで使っているAcerの方なんですが、
どうやら昨年12月半ばの大型?アップデートのあとから
更新されてない、ということに気付いたのがさっき。

そこから試行錯誤が・・・
というのも、更新が失敗しまくったんですね。
エンジンの検証が失敗してなんとか、とか。
業を煮やしていったんアンインストール→インストールしても変わらず。

最終的に、
一度定義ファイル等々すらネット上から引っ張ってきて
それをもとに手動アップデートを行うことでようやく更新がひとまず成功。
どうやらそのあとは自動更新が生き返ったようです。

これにて一応落着。


まぁ、普段からウイルスを踏むことも無いんだけど・・・

昨日2chが壊れたからね。
ウイルスのせいじゃないにせよ、
PC関係は自己防衛が基本だし、
壊れた2chとかだとどこにウイルスがあるか分かったものじゃない。

まぁ、これで一応安心・・・かな?





top





Profile

火酒

Author:火酒


 基本的には、火酒の日常を。そして時には皆様のお役に立てるようなエントリも書ければいいかな、程度につづっています。

 ほぼ火酒の実体験ですが、特定避けのため、所々改変しています。もし特定した場合でも、気づかなかったコトにして下さい(笑)。

 一言だけでもコメントを頂ければ元気が出ます、火酒の何かのレベルがきっと上がります。


壁|д・) ソォーッ…

壁|∀・)Ξスッ
このブログをはてなブックマークに追加
壁|д=) ジー
FC2ブログランキング
壁|ロ゚)ハッ
Counter
About 道しるべ

 ”道標(みちしるべ、どうひょう)”とは、目的地までの距離や方向を示すために設置されたもの。マイルストーン、一里塚、Milestone。by Wikipedia。
 ですが、このブログはただひたすらに迷っている火酒が、書きたいことを書き連ねているだけですw
 ここに書き連ねた”記録”が、いつか僕の糧になる。勝手にそう信じながら。
 管理人への連絡についてですが、メールアドレスを公開します。michishirube☆kasyu.net(☆→@で)。もし連絡したい状況になったらお使いくださいb
Links
 当ブログはリンクフリーです、そして相互リンク募集します。”原則”受け付けられますb
 リンクについて、詳しくはコチラのエントリをお読みください。
 また、このブログをリンクに簡単に追加するためのリンクはコチラです(FC2限定の機能となります、悪しからず・・・)。

→このブログをリンクに追加する
Diary
Everything
RSS URL
最新エントリのRSS URL


最新コメントのRSS URL


最新トラックバックのRSS URL
All Links

Click to expand





Information

 かねてから僕が運営していたRedStoneの★BACCARAT★ギルドサイトですが、この度、勝手ながら閉鎖させて頂きました。関係者の方々、散々放置してしまっていて申し訳なかったです。
 この跡地に、新たなサイトを立ち上げます(RedStone関係無いです)。まだまだ構想中ですが、これから公開できるよう、整備を行います。
 2012年、1月1日

 新たなサイト 道しるべ を開設しました。これからコンテンツを充実させていきます、よろしくお願い致します!
 2012年、4月21日
Archive

copyright © 道しるべ. all rights reserved.
copyright © 2004 powered by FC2. all rights reserved.
javascript by Harukiya Archives. all rights reserved.